電話より気軽に連絡を取ることができるLINE。
手軽だからこそ、相手の連絡の頻度で相手の気持ちが読み取れてしまうかもしれません。
「気になる相手が毎日LINEをくれる。これって相手は私をどう思っているんだろう?!」

今回は付き合っていないのに毎日LINEしてくれる男性の心理をいくつかご紹介します。

(1)知りたい

『気になっている相手には、ついLINEでいろいろなことを聞いてしまう』(31歳/エンジニア)

気になっている相手であれば「知りたい」と思うのは当然のこと。
毎日どんな生活をしているのかな、どんなことを考えているのかな?
これは女性も男性も一緒ですよね。

知りたいと思うのはもっと知りたい、話したいと思ってくれているから。
付き合っていないのに毎日LINEをしている内容が自分への質問であれば、どんどん答えて知ってもらいましょう!!

(2)寂しい

『話してほしいな、と思ったときについLINEを送る』(29歳/公務員)

基本的に男性は女性よりも寂しがり屋さん
通勤中や昼休みなど、ふとした空き時間に誰かと連絡を取りたい、繋がりたいと思う男性は結構多いものです。

だからって誰でもいいわけではありませんから安心してください。

寂しいなと思って連絡をしたくなるということは、甘えたい、もしくは甘えやすい安心感があるからです。
そう思われているのは嬉しいですよね。

LINEの内容が疲れていそうであれば、たっぷり彼を甘えさせてあげましょう。

(3)誘う機会をうかがっている

『一緒に出掛けたいんだけど、誘うタイミングがなかなかなくて』(25歳/IT)

LINEの内容があなたの好きなことや好きな物への質問が多いことはありませんか?
もしそうなら、本当は会って話がしたいと思っているけど、何に誘ったらいいかわからないのかも。

どんなことが好きなのかをLINEで聞き出して何かプランを考えてくれているのかもしれません。

毎日のLINEのやりとりで彼と共通の趣味が見つかったら、積極的に行きたいアピールをしちゃいましょう。
恥ずかしがり屋さん彼もきっと誘いやすくなるはずです。

(4)繋がっていたい

『毎日、少しでも繋がりを持っていたいなと思ってしまうので』(29歳/広告)

毎日他愛ない会話のLINEで内容が特になかったり、「会話が終わりそうなLINEしちゃったな」と思っても翌日にまたLINEがくる。
これは、繋がりを断ちたくない証拠です。

学生の時のように毎日会える環境でないと、毎日の仕事に追われ忙しいと自然と連絡が絶えがちになってしまうもの

忙しい毎日の中でも「繋がっていたい」または「自分のことを少しでも考えてほしい」という思いからLINEをする男性は案外多いかもしれませんよ。


男性は興味のないものへの執着は基本的に女性よりも飽きるのが早いです。
そんな男性が毎日LINEをくれるということは、どんな状況であれ好意がないと出来ません。
気になる相手から毎日LINEが来てるのであれば、どんどんアピールしちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)