今回は、男性が思わず「とっつきにくいな」と感じてしまう女性の特徴に密着!
外見から内面に至るまでしっかりと紹介していくので、自分に当てはまるものがないかチェックしていきましょう。

(1)気が強い

『常に怒ってるみたいな言い方とかするから気が強い子はパス』(27歳/公務員)

「面倒くさい」「話すと疲れる」なんて意見から、気が強い女性と距離を置きたがる男性は多いようです。
特に言葉がきつい、自分の非を認めない、上から目線の三拍子は大不評

もちろん「自分を持っていそう」「しっかりしていそう」という良いイメージもあります。
しかし、控えめで男性を立てることが上手な大和撫子タイプを好む男性は非常に多いので、意識しておくといいかもしれませんね。

(2)独り言が多い

『変な妖精とか見えちゃってそうだよね(笑)』(25歳/飲食)

話すタイミングが掴めないことから、独り言が多い女性をとっつきにくいと感じる男性もいるようでした。
独り言が多い人は他人から見ると自分の世界に入り込んでるように映ります。

つまり、無意識のうちに他の人と自分との間に壁を作ってしまっているのです。
また、「おばさんみたい」「ミステリアスを通り越してちょっと怖い」なんて意見もいくつかあったので、ついつい独り言を言ってしまう人は注意しましょう。

(3)服装や化粧が派手め

『第一印象って大事だと思ってるから、最初から派手めだと距離をおくかな』(30歳/広告)

大切なのは内面だと分かってはいても、知り合った当初は外見で判断されるケースが多いです。
服装やメイクが派手だとどうしても「うるさそう」「プライドが高そう」なんてイメージを男性から持たれてしまうので要注意。

ただし、なかには「いつも派手な女性が気配り上手で惚れた」なんて体験談もあったので、ギャップを上手に活かせれば多くの男性を魅了できるかもしれませんね。

(4)ネガティブ思考

『励まそうとしたって余計マイナスの方に考えるから、だったら一人で悩んでてって思う』(29歳/事務)

「フォローするのが面倒くさい」「こっちまで暗くなる」という理由から、ネガティブな女性にもとっつきにくい印象を抱いてしまうようです。

でも、だって、だめ、どうせといった代表的なネカティブワードを頻繁に使ってしまう人は、注意しましょう。
表情や服装を明るくするだけでも気分が明るくなったり気持ちが大きくなれたりするので、試してみるといいかもしれませんね。


一度「とっつきにくい」と思われてしまうと、そのイメージを拭うのは難しくなります。
笑顔で挨拶するよう心がければ好印象を残せるので、意識してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)