みなさんは「メンヘラ」という言葉の意味を知っていますか?
「メンヘラ」というワードだけなら耳にしたことのある方も多いかもしれませんね。
「メンヘラ」とは、「精神的に病んでいる」ちう意味を持っており、特に恋愛に関して病んでいる人に対して良く使われることが多いです。

「自分はメンヘラなんかにならないから大丈夫」と思っていても、「LINE」などのやり取りにメンヘラっぽさが出てしまっているかも……?!
「メンヘラLINE」は男性からのウケがすこぶる悪いので、男性からモテたいならキチンと対策することが大切です。

そこで今回は、男性がドン引く「メンヘラLINE」の特徴について、一緒に確認していきましょう。

(1)相手の既読がついてないのに送信しまくる

『怖いよ~(笑)』(23歳/IT)

「LINE」には既読機能が付いていますよね。
自分のメッセージを相手が見ると既読がついて、「きちんと相手がメッセージを見ている」ということが分かる便利な機能です。

普通の人なら、相手にメッセージを送ったら、返信が来るか既読が付くのを待つもの。
しかし精神的に不安定な人は、相手の既読がついていないにも関わらず、短時間で何件ものメッセージを送信する傾向にあります。

そして厄介なのが、メンヘラ女子は「既読がついていない=無視されている」と思い込んでしまうことがあります。

相手の既読がついていないのにずっと一方的にメッセージを送り続け、勝手に思い込んで不機嫌になってしまうんですね。

そこまで時間が経っていないのに既読がつかなくて不安になってしまう人は、メンヘラ女子の可能性が高いかも?!

(2)すぐに「無視?」と言う

『メンヘラって高飛車だったりするから、それがまたムカツク!』(26歳/会社員)

精神的に余裕があれば、LINEの返信が1日くらい遅れても大して気になりませんよね。
しかしメンヘラ女子は、返信が来ないこと・既読がつかないことが不安になり、すぐに「無視?」という風に催促してくる傾向に。

これは、「相手が自分のことを一番に思ってくれなきゃ嫌だ」と本気で思っているからこそ、このような行動に移ってしまうんですね。
相手が仕事中だろうが、「私と仕事のどっちが大事なの?!」の精神で相手を責めまくります。

精神的に余裕がないのは分かりますが、相手にも都合があることを忘れないようにしたいですね。

(3)ネガティブなメッセージばかり送る

『めんどくさいよね……』(30歳/編集)

一般的なカップル同士のLINEなら、トークの内容は「今日あったこと」や「週末の予定」など、明るくほんわかした雰囲気の内容になることが多いですよね。
しかし、メンヘラ女子は精神的に病んでいるので、トークの内容も暗くなりがち

中でも多いのが、「今日あった嫌なこと」をわざわざ報告するLINE。
ただでさえ他人の嫌なことを一方的に話されて辛いのに、それに同情し慰めてあげないとさらに不機嫌になっていきます。

また、相手の元カレ・元カノに対して勝手に嫉妬してブルーになることも日常茶飯事です。

さらに、親切心で彼女たちへアドバイスをしようものなら、ものすごい勢いで逆ギレされる可能性大。
もしそんなLINEが来た場合は、適度になぐさめつつスルーするのが賢明かも。

(4)質問責め

『質問ってなかなか無視できないから、なおさら怖い!』(29歳/飲食)

メンヘラ女子とLINEでやり取りしたことのある人なら分かると思いますが、彼女たちは質問することがとっても多いです。
もはや「質問責め」と言っても過言ではないでしょう。

それは、彼女たちが相手のプライベートだけでなく、仕事や過去にあったことなどすべてを把握したいと思っているから。
その根本にあるのは間違いなく「精神的な不安」ですね。

質問に答えないと不機嫌になることもありますが、本当に嫌な時は「NO!」ときっぱり伝えることも大切ですよ!


男性が間違いなく引いてしまう「メンヘラLINE」について、4つまとめてご紹介してみました。
この記事を見て、「私もやっているかも……」と思った方は要注意!
大丈夫だった方も、こんなLINEを送らないように気をつけましょうね!

(恋愛jp編集部)