女性の名器とは、男性にしかわからないことです。
女性にとって、自分が名器かどうかを確認することは難しいことですよね。
男性に名器だと思われるには、いったいどんな方法があるのでしょうか。

そこで、男性に「こいつは名器だな……!」と思わせるワザについての情報をご紹介します。

(1)濡れやすい

『キスしただけでめっちゃ濡れてる……』(27歳/金融)

男性にとって女性が濡れやすいということは、非常に嬉しいことです。
なかなか濡れない女性は、あまり乗り気ではないという印象を与えます。
濡れやすい女性は挿入時に男性を気持ちよくさせることにも繋がります。

さらに、感じていることをアピールすることにも繋がるので、男性の自信にも影響します。
そのため、濡れやすい女性は男性から名器と思われる傾向にあります。

(2)中が暖かい

『ほんのり暖かいと前戯で頑張ったおかげだなって思う』(30歳/広告)

中が暖かい女性に、男性は興奮を覚えるようです。
挿入時に中が暖かいと、男性はより気持ちよくなります。
中を暖かくするには、直前にしっかり湯船に浸かるなどの方法があります。

そうしたワザを使うだけで、男性を気持ちよくさせることが出来ます。
そのため、名器と思われるには中を温めるよう心がけましょう。

(3)吸い付きがすごい

『ピストンの時カリに引っかかる感覚がすごい』(26歳/飲食)

男性にとって女性の名器とは、吸い付きがいいような感覚があるかないかが重要なようです。
フィット感があり吸い付きがいいと、男性を気持ちよくさせることが出来ます。
締めるように意識をすることで、名器と思われることもあります。

そのため、名器と思われたいなら吸い付きを意識することをおすすめします。
しかし、力み過ぎると逆効果になることもあるので注意しましょう。

(4)数の子天井

『中で壁に擦れている刺激が強い』(29歳/輸入)

数の子天井の女性は、挿入時にザラザラした感覚があるそうです。
その感覚が男性にとっては非常に気持ちいいようです。
しかし、数の子天井は元々備わったものなので、努力でどうにかなることではありません。

女性としては自分がそうだったとしても気が付かないことが多いので、男性の反応をよく見極める事が必要です。
相手をより気持ちよくさせるには、名器の特徴をよく理解することが大事と言えます。


男性に名器だと思わせるには、様々なワザがあります。
名器の特徴を知ることで、男性を気持ちよくさせることを意識することが出来ます。
男性を喜ばせるためには、気持ちよくさせるワザを意識し、こいつ、名器だな!と思われるよう心がけましょう。

(恋愛jp編集部)