大好きな彼と長く付き合い続けたいと考えるのは自然なことですよね。
しかしあなたのふとした振る舞いが、彼の気持ちが冷めてしまうきっかけになることも……
今回は、男性が「好きだったのに冷めた」きっかけについてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

(1)店員への態度が悪い

『おとなしめだと思ってた彼女がレストランの店員さんに「これ早くかたして」って言ったときはスッと冷めてしまった』(26歳/アパレル)

コンビニやファミレスなどを訪れた際、店員に対して失礼な言葉遣いをしていませんか。
「こちらは客なのだから!」と考える人もいるかもしれませんが、店員に対して態度が悪いのはとてもマイナスな印象なのです。

普段は可愛らしい彼女が、店員に対してだけは横柄な態度をとっていたり、言葉遣いが悪いと彼が幻滅してしまうのは当然のことと言えるでしょう。
どんな時でも、どんな相手に対しても、きちんと礼儀正しく振る舞うようにすることが大人としてのマナーなのです。

(2)彼女の部屋が汚い

『ワクワクしながら彼女の部屋に行ったら、シンクに汚い食器が山積みで、おもわずすぐに帰ったことがある』(26歳/不動産)

男性にとって、綺麗好きな女性はとても好印象です。
突然彼があなたの部屋を訪れた時に、あまりにも部屋が汚すぎると彼の気持ちが冷めてしまう可能性があります。
最低限で構いませんので、いつでも人を呼べる程度には部屋を整えておくようにしましょう。

ごちゃごちゃと散乱していて足の踏み場がなかったり、洗っていない食器がたくさんシンクに溜まっているなど、汚い部屋でも平気で過ごしている彼女の感覚に彼は引いてしまうのです。

(3)人の悪口を言う

『悪口の時だけ言葉遣いも汚くなるし、楽しい気持ちにはなれないから嫌だな』(31歳/公務員)

人の悪口を言うのも彼の気持ちが冷めるきっかけになります。
悪口を言う人の顔はとても醜いですし、悪口は聞いていて気持ちの良いものではありません。
どうしてもモヤモヤして愚痴をこぼしたくなることもあるかもしれませんが、ネチネチと相手を悪く言い続けるのはやめましょう。

嫌なことがあっても、ネチネチ愚痴や悪口を言い続けることなくしっかりと気持ちを切り替えることができれば、強い大人の女性として彼に好印象に与えることができるのです。

(4)わがまますぎる

『最初はかわいい程度のわがままだったのに、だんだん俺を召使いかのように扱うようになって正直うんざり』(29歳/金融)

彼の優しさに甘えて、わがままな態度をとっていませんか。
多少のわがままは可愛らしく見えることもありますが、彼に甘えて要求がどんどんとエスカレートすると、うんざりされてしてしまうでしょう。

長い期間一緒に付き合っていくためには、対等な立場でいることがとても重要です。
常に彼を頼って甘え、わがままばかり言っているのであれば、彼はあなたよりも自立した大人な女性と付き合いたいと感じて、離れていってしまうかもしれません。


いかがでしたか。
今回は、男性が「好きだったのに冷めた」きっかけについてご紹介しました。
自分の振る舞いで冷められてしまうのはとても悲しいですよね。
日頃から振る舞いに気をつけて、お互いの愛情を深め合う努力をしましょう。

(恋愛jp編集部)