彼とのんびり過ごしたい時は、お家デートをするカップルも多いのではないでしょうか。
家で過ごす時は、つい気が緩んで外ではしないような振る舞いをしてしまうこともありますよね。
あまりにも気の抜けた振る舞いは、彼を幻滅させているかもしれません。

今回は、実は彼氏が「やめてほしい……」と考えているお家デートでの彼女の行動についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)ヨレヨレの部屋着を着る

『だらしない恰好は、干物女に見える』(28歳/飲食)

家で過ごす時に、リラックスするために部屋着に着替えることも。
しかしその部屋着があまりにもヨレヨレだったり毛玉だらけだと、彼に驚かれてしまうかもしれません。

家で過ごす場合であってもデートなのですから、彼に見られても恥ずかしくない部屋着を着るようにしましょう。
モコモコの可愛いタイプの部屋着などを着て、リラックスしている時でも女性らしさを意識するように心がけましょう。

(2)ベッドでゴロゴロしながらお菓子を食べる

『ベッドで物食べる女、最悪!』(30歳/金融)

ベッドでお菓子を食べると、下品に見えたり汚らしい印象を持たれてしまいます。
お菓子の粉がついた手でシーツをベタベタ触られたら、誰でも嫌な気持ちになるはず。

のんびりと過ごす時でも、下品な振る舞いをするのはやめましょう。
下品な振る舞いのせいで、「この人は育ちが悪いんだな」と思われ彼が幻滅してしまうかもしれません。

(3)足を開いて座る

『幻滅しちゃうなぁ……』(24歳/サービス)

どんなにリラックスしている時でも、足を開いて座るのは絶対にダメ!
足を開いて座るととても下品でガサツな印象を与えます。

ガサツな座り方は、普段の彼女のイメージとはかけ離れすぎていて、彼がショックを受ける可能性も。
どんな時でも、女性として恥じらいを忘れないようにしてください。

(4)スマホばかり見ていて動かない

『なんのために会ってるのかわからないよね』(32歳/看護士)

スマホばかりに夢中になっていては、彼が退屈してしまいます。
せっかく一緒に過ごしているのにもかかわらず、スマホだけに夢中になっていると、彼が不機嫌になってしまうこともあるでしょう。
家だからといって完全にリラックスして自分がやりたいことのみをするのではなく、一緒に過ごす時間を楽しもうとする姿勢を見せることが大切。


いかがでしたか?
今回は、実は彼氏が「やめてほしい……」と考えているお家デートでの彼女の行動についてご紹介しました。
お家デートをする時でも、可愛らしく振る舞うことを忘れないように気をつけてくださいね。

(恋愛jp編集部)