男性をドキドキさせたい時は、可愛さやセクシーさをアピールできる仕草がとても効果的です。
少しあざとくても、またはわざとだとわかっていたとしても、男性はその仕草にドキドキせずにはいられません。

今回は、男性がわざとだとわかっていても「悩殺されてしまう仕草」についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)上目遣い

『小動物みたいでカワイイんだよな~』(25歳/営業)

上目遣いは、男性をドキドキさせる定番の仕草として知られています。
定番と知っているにもかかわらず、女性の上目遣いについつい男性はドキドキ……。

頼みごとをする時や、可愛く見せたい時は上目遣いで話しかけてみてください。
またさらに男性を魅了するために、上目遣いをしながら、顔を近づけて話すのもオススメです。

(2)髪をかきあげる

『髪の毛を耳にかける仕草も好き』(27歳/福祉)

男性にとって、女性の長い髪は永遠の憧れ。
サラサラの長い髪をかきあげる様子はとてもセクシーで、男性に好まれる仕草の一つと言えるでしょう。
また髪をかきあげた時に、髪によって隠されていた輪郭や耳周りなどがあらわになるのも男性をドキドキさせるのです。

気になる男性の前で髪をかきあげれば、その仕草に彼の視線は釘付けになってしまうかもしれません。

(3)足を組み替える

『ミニスカでやるのはただの痴女』(28歳/ライター)

座っている時に足を組み替える仕草も、男性をとてもドキドキさせます。
足を組み替える動きが、スカートで隠されている部分への妄想を掻き立てるのです。

短すぎるスカートよりも、膝丈程度のスカートを履いている時の方が、足を組み替える仕草が女性らしく魅力的。
大胆すぎる露出よりも、ある程度隠された部分を想像させる方が、より大人のセクシーさを感じさせるということを覚えておきましょう。

(4)服の袖を引っ張る

『人ごみの中でやられるとキュンとする』(23歳/販売)

大人の女性っぽさよりも少し幼い可愛らしさをアピールしたい時は、彼の服の袖を引っ張ってみてください。
言葉で言わない控えめなアピールがとても可愛らしく、男性をキュンとさせるのです。
また袖を引っ張る時に上目遣いにすると、さらに可愛らしさが倍増!

上目遣いで男性の服の袖を引っ張れば、気になる彼を振り向かせることができるかもしれません。


いかがでしたか?
今回は、男性がわざとだとわかっていても「悩殺されてしまう仕草」についてご紹介しました。
これらの仕草で、男性のハートをガッチリ掴みましょう。

(恋愛jp編集部)