今回は男性が思わず「つまらない」と感じてしまうデートに密着!
会ったばかりなのにすぐに解散したい……なんて思われるのを防ぐためにも、NGデートの内容をしっかりと確認していきましょう。

(1)ウィンドウショッピング

『ひたすら連れまわされた挙句、結局何も購入せず……うーん、行く意味はあったのかなあと』(25歳/営業)

買う目的がないのにブラブラとあてもなく歩くウィンドウショッピングは、男性に大不評。
女性は可愛いものを見ているだけで満足できる傾向にありますが、男性からすると買わないのに商品を見に行く理由が分からないそうです。

「何が楽しいのかいつも疑問に思う」「ただただ疲れる」なんて声が多かったので、デートでウィンドウショッピングをするのは控えましょう。

なかには「1~2店舗なら我慢できる」といった意見もあったので、参考にするといいかもしれませんね。

(2)女性の実家

『デートとしては行きたくない。立場の違いを考えてほしい』(24歳/公務員)

女性の実家は「気を遣って疲れる」「絶対に行きたくない」という意見が多く、今回特に低評価の多かったデート内容です。

女性の両親に会うことを考えるだけで大きな緊張感が生まれ、その重圧はもはやデートとは呼べず、ただただ苦行

「私の家族と仲良くなってほしい」なんて気持ちも分かりますが、気軽にデート感覚で実家へ誘うのはやめましょう。

(3)行列に並ぶ

『こっちは対して購買意欲もないときは、正直苦行です』(29歳/製造)

都心だとどこに行くのも混んでいますよね。
特にオシャレなレストランやインスタ映えする商品がある店舗は大人気。

しかし、男性は自分が本当に好きだと思ったもの以外長時間並んでまで購入したいとは思わないようです。

「あまりにも長いと話題に困る」「退屈だしイライラするだけ」なんて意見が多かったので、気をつけましょう。
特に食べ物に関する行列は男性から好かれない傾向にあるので、避けるのが無難です。

(4)女性向けのショップ

『こういう場所は友達と行ってくれよ、と思ってしまう』(30歳/メーカー)

「女性客ばかりのショップに男が入るのは申し訳ない」「見るものがないし楽しくない」という理由から、女性向けのショップも男性から不評なようです。
特に水着や下着といった際どいショップをデートにチョイスするのはNG。

彼もしっかりと楽しめるようなショップでデートを盛り上げましょう。


「自分が楽しめるから彼も楽しめるだろう」なんて考えてしまうと、彼にとってつまらないデートになってしまう可能性が高いです。
「早く帰りたい」なんて思われないためにも、2人が楽しめるデートプランを考えて素敵な思い出を作りましょう。

(恋愛jp編集部)