何気なくしていることでも、男性にとっては理解不能な女性特有と思われる行動があります。
理解不能だからこそ、許せないと思うことも……。
そのような言動で、意中の人から嫌われてしまうのは避けたいですよね。

そこで今回は、女性のここだけは許せないことを、紹介していきます。

(1)感情的になる

『すぐ泣くやつ。あとヒステリック』(29歳/アパレル)

感情に任せて、泣いたり怒ったりすることは、男性にとって女性の嫌な一面。
論理的な考え方を持っている男性にとっては、理解不能な行動です。

感情的になると、自分でも制御できないことありますよね。
自分でも制御できないなら、相手はもっと制御できないもの。
対応に困り、疲れてしまいます。

感情的になる前に、一呼吸置くことが大事。
自分でコントロールできるようになるには、日頃から心掛けておく必要があります。

(2)ワガママ

『ワガママな女性が可愛いとか普通に思わないから』(25歳/広告)

ワガママは女性の特権みたいなところがありますが、度を越えればただの自己中。
最初は可愛く見えていたワガママも、次第に振り回されることに疲れてしまうもの。

お姫様体質の女性に多い特徴と言えます。
自分が中心でないと機嫌が悪くなる、意見が通らないことにイラつくなど。
若い頃は許されていたワガママも、大人になれば通用しなくなります。

相手の立場になって考えることが、大人女性の余裕にも繋がります。
たまには、周りに負担をかけていないか、自分を客観的に見てみましょう。

(3)集団行動

『みんなで文句言ってくるのなに?あなた達は関係ないよね』(33歳/コンサル)

女性はコミュニティ能力が高いので、集団での行動に長けていますよね。
女性社会で生きていくには、集団行動は欠かせないもの。
しかし、集団行動ばかりで、一人ではなにもできない女性は悪い印象を与えます。

例えば、一人では意見が言えないからと集団で意見を言うなど。
集団で来られると怖い気持ちになりませんか?
男性には、そのような行動をあまり取らないので、理解不能になるもの。

コミュニティも大事ですが、一人でも行動できることが大事。
周りにすぐ流されてしまっては、自分の意見がないと思われますよ。

(4)非を認めない態度

『悪いと思っても絶対謝らないよね』(27歳/IT)

大人になればなるほど、非を認めることが難しくなりますよね。
特に、女性は自分の非を認めることが苦手な人が多いもの。
素直に謝れない態度に、許せないと思っている男性もいるよう。

素直な気持ちを持てない相手とは、一緒にいても疲れてしまうもの。
相手に責任転嫁するのではなく、まずは自分の非を認めて謝りましょう。
相手への意見があったとしても、それは謝った後の話です。

普段から、「ありがとう」や「ごめんなさい」という言葉を素直に表現できるようにすると良いですよ。


男性が理解できない行動だからこそ、許せないと思っているようです。
理解できないから対処の仕方が分からず、疲れてしまいます。

自分にとっては普通のことでも、相手にとっては許せないことかもしれないので、相手を思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)