彼とのLINEをマンネリに感じている方、もっとLINEを楽しみたいけど、その方法がわからないと悩んでいませんか?

彼とのLINEは、1日のモチベーションに関わる重要なことですよね。
そんなLINEにマンネリを感じないためには、どのような方法があるのでしょうか。
そこで、彼とのLINEのマンネリ撃破テクニックをご紹介します。

(1)楽しい動画や画像

『パックしてる自撮りとか、彼女から時々変な写真送られてくるからその度にクスッとなる』(27歳/金融)

挨拶や用件だけ伝えるようなLINEは、マンネリの元と言えます。
時には普段と違った楽しい内容のLINEを送ると、マンネリを回避することに繋がります。
特に、動画や画像は相手を楽しませる際にはおすすめの方法です。

日常で起きた些細な出来事を彼と共有するためには、LINEを上手く活用しましょう。
そうすることで、LINEのマンネリ化を防ぐことが出来ます。

(2)長文になる際には通話をする

『毎日LINEでやり取りしてたとしても、電話になるとやっぱり声聞けて嬉しい』(29歳/飲食)

長文のLINEは、返信をするのが面倒になることに繋がります。
そのため、長文になる際には通話をするようにしましょう。
文章でのやりとりは確かに便利ですが、時々声が聞けると新鮮な気持ちになりますよね。

そのため、LINEが長文になることは避け、通話に切り替えることがおすすめ。
そうすることで、新鮮さを保つことにも繋がります。

(3)ラブラブなスタンプ

『二人の暗号的なスタンプを決めておいたから、忙しくてもそれが来ているだけでなんか和むよ』(31歳/不動産)

LINEのマンネリ化を防ぐには、文章のみの内容は避けるべきと言えます。
時にはラブラブな印象のスタンプを送るのが、仲の良さを持続させるポイントです。
お揃いのスタンプなどを使うと、さらにラブラブな印象に繋がります。

カップルにとってLINEは頻繁にすることなので、ついつい適当になってしまいがち。
しかし、スタンプという簡単な方法でマンネリを回避出来るので、ぜひ取り入れてみましょう。

(4)特別感を忘れない

『時々だからこそ、今日はいいことあったのかなとかお互いのことを考える時間になる』(25歳/医師)

LINEをすることが当たり前になると、特別感がなくなりマンネリ化してしまいます。
特別感を忘れないためには、LINEの頻度は控えめにすることが大事。
LINEが来て嬉しいと思われるような頻度を保つよう心がけましょう。

そうすることで、いつまでも特別な存在でいられることにも繋がります。
マンネリを避けるためには、LINEをすることが当たり前にならないよう注意しましょう。


LINEのマンネリ化を防ぐことは、お互いの今後のために大切なことです。
そのため、マンネリ撃破テクニックを参考に、今後のLINEをより楽しむことを心がけましょう。

(恋愛jp編集部)