連絡ツールとして当たり前のように使用されているLINE。
しかし、時には文章ではなく、電話で聞きたいと思うこともありますよね。
特に、男性には電話で話したい内容にこだわりがあるようです。

そこで、彼がLINEじゃなくて電話で聞きたいと思う内容について調べてみました。

(1)突然の電話

『電話でびっくりして、彼女の柔らかい声に癒されて……幸せな瞬間』(26歳/総務)

女性にとって、いくら付き合っているからとはいえ突然の電話は気がひけるものです。
しかし、男性は彼女からの突然の電話を期待している場合もあるようです。
声が聞きたいと思っている時に電話がくると、運命的なものを感じてしまうことも。

そのため、突然の電話は躊躇せずしてみることをおすすめします。
そうすることで、時には彼を喜ばせることにも繋がります。

(2)悩み事は電話で

『悩みって長文になるのに何が言いたいかわかんないことあるし、電話の方がこっちも色々言いやすい』(29歳/企画)

悩み事や落ち込んでいる内容のLINEは、長文になってしまうことがありますよね。
長文のLINEは時には彼を困らせてしまうことにも繋がります。
そのため、そうした内容はLINEではなく電話で話すことをおすすめします。

頼りにされてるいると思うことで、男性は嬉しくなることもあります。
頼りたい時には素直に電話で甘えることが大事なのではないでしょうか。

(3)デートプランの話し合い

『どうしよっかーばっかりで決まらないことも避けれるし』(31歳/不動産)

次のデートプランを決めるような内容は、出来るだけ具体的なほうがいいですよね。
デートプランを立てる際は、LINEではなくしっかりと会話をすることをおすすめします。
会話をしているうちに、様々なプランが思いつくことってありますよね。

それを促すためにも、電話での話し合いは重要なことと言えます。
そのため、デートプランに関しては出来るだけ電話で済ませるようにしましょう。

(4)待ち合わせの連絡

『着いたかどうかやってる間に、電話ならどこにいるかまで聞けるし早い』(33歳/歯科医)

待ち合わせ場所に到着する際、LINEで報告することが当たり前になりつつあります。
しかし、実際待ち合わせの際の連絡は電話の方が効率良いこともあります。
どこにいる?今着いたよ!などといった連絡は、電話で報告することをおすすめします。

わかりやすさを重視するには、文章より直接会話した方が早いと言えます。
男性は面倒くさいことを嫌うので、手っ取り早く電話をすることを好む傾向にあります。


男性が電話で聞きたいと思うことには、様々なことがあります。
LINEも便利ですが、時には電話を求められる場面があることを頭に入れておいた方が良いと言えるでしょう。

(恋愛jp編集部)