ポリネシアンセックスって知っていますか?
ポリネシアンセックスとは、単なる性的な欲求を満たすだけではなく、精神的な繋がりを求めるセックスのこと。

彼ともっと身も心も交わり合いたいと思ったときは、ポリネシアンセックスを実践してみては?
今回は、そんなポリネシアンセックスのやり方についてご紹介していきたいと思います!

(1)ポリネシアンセックスの基本

『長い休みをとったときじゃないとできないね(笑)』(32歳/医療)

まず基本として、ポリネシアンセックスは「5日間」かけて行うことを覚えておきましょう。
性器の挿入は5日に1回、それ以外の4日間は性器以外の愛撫だけ。
最初の4日間は愛撫を行い、二人の愛や雰囲気を盛り上げてから5日目に挿入をします。

(2)スローセックスを意識

『周りから聞いたことないやり方だから興味あるかも』(28歳/イベント)

ポリネシアンセックスの楽しみ方として重要なのは、スローセックスを意識すること。
つまり、激しく腰を動かすような挿入はあまり行わないのが基本。
挿入した時はすぐにピストン運動を行わず、愛撫やハグをゆっくり楽しめると良いですね。

最終的なオーガズムの後も、挿入した状態のままにしておくと良いでしょう。
繋がったままにすると、「セックスをした」という快感をより深く感じることができます。

(3)ポリネシアンセックスは環境作りが大事

『旅行に行ったときとかいいのかもね』(34歳/アートディレクター)

ポリネシアンセックスをするのには、「環境作り」も意外と大事なんです。
セックスをする前は食後からしばらく経った後にし、体を整えておきましょう。
体調がすぐれない時も避けるべき。

基本的に行うのは夜で、体がリラックスする時間帯を選びましょう。
お香をたくヒーリングミュージックをかけるなど、体が解放的になる環境作りをすることが大切。

(4)ポリネシアンセックスはこんなカップルにオススメ

『大人のカップルが楽しめそう』(29歳/商社)

若いカップルのセックスといえば、激しく体を求め合う情熱的なものが多いでしょう。
ですが仕事に人間関係にストレスが溜まる毎日を過ごしていると、そんなセックスをするのも疲れるもの。
たまには二人でゆっくりとムードに浸りたい……そんな思いを抱えている時にポリネシアンセックスはぴったりです。

また、彼が最近は少しED気味かも……?なんていう時にも、意外とポリネシアンセックスは良い効果があります。
4日かけてゆっくりと雰囲気を盛り上げていくので彼も勃ちやすくなり、セックスを十分に楽しめるはず。


身も心もつながるポリネシアンセックスのヤり方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
たまには精神的に深く繋がり合えるセックスも大事にしていきたいところですよね。
もっとお互いの愛を感じ合いたい、そんな時にこそ一度ポリネシアンセックスを試してみることをオススメします。

(恋愛jp編集部)