大好きな恋人がいても恋の悩みは尽きないもの。
「自分は本命彼女?それとも遊び?」と不安になってしまうこともありますよね。

彼の本気度が気になるなら彼からのLINEに注目してみましょう。
今回は、男性が「本命彼女にしか送らないLINE」をご紹介します。

(1)弱音を吐く

『弱いところを見せてもいいって思えるのはほんとに好きな相手だけ』(32歳/証券会社)

男性は他人に自分の弱味を見せたくない生き物です。
そんな男性が素直に弱音を吐いたり、愚痴を言う相手は信頼でき癒してくれる相手に限ります。
つまり、本命彼女です。

男性に弱音を吐かれると頼りなさを感じたり、どうしたらよいのかわからないこともあるかもしれません。
しかし、彼の弱った姿を見られるのも本命彼女の特権だと思って彼を癒してあげましょう。

(2)仕事終わりのLINE

『帰りの途中で携帯見るタイミングには必ず彼女のこと思い出すからLINEする』(27歳/商社)

繁忙期や残業で仕事が忙しくても本命女性にはLINEしたいのが男性です。
疲れていても、恋人に心配をかけさせないために連絡をとったり、単純に癒されたくてLINEをくれたりなど様々な理由で本命彼女にLINEを送ります。
逆に、仕事を理由になかなかLINEをくれない男性は、めんどくさがっていたり軽い気持ちだったりと本命ではない可能性があります。

(3)予定を確認してくる

『1日空いてる日とかにゆっくりデートしたいもんね』(32歳/映像)

本命相手のデートはしっかりと準備をして挑みたいものです。
また、突発的なデートばかりではなく、「週末は空いてる?」と休日の予定を確認し、積極的に会う時間を作ろうとします
彼女のことが大切だからこそ、彼女のスケジュールも尊重して予定を立てたいと思っています。

(4)昼間だけのデートのお誘いがある

『本命でもないのにまったり普通のデート楽しむだけなんてつまらなすぎる』(33歳/歯科医)

昼間だけのデート、つまり体の関係なしのデートのお誘いはまさに「本命LINE」です。
男性であれば多かれ少なかれ触れたい欲求はあるもの。
本命彼女を大事に思っているからこそ、我慢することができます。

なかなか話題にあがらないときは、自分から昼間だけのデートを提案してみるのもおすすめ。
きちんと予定を確認してくれ、前向きに考えてくれたら安心です。
逆に、なにかと理由をつけて断ってきたり、意地でもディナーまで一緒にいようとするならば、残念ながらその男性からは体目的と思われているかもしれません。


いかがでしたか。
こんな素敵なLINEが届いたら嬉しいですね!
男性の素顔が垣間見えたり、愛を感じる本命LINEを送ってもらえるように男性にアプローチしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む