恋人同士の間でもLINEはメジャーなコミュニケーションツールですよね。
せっかくLINEを送るなら可愛いと思ってもらいたいのが乙女心というもの。
今回は、男性が「可愛いなぁ……」と思う女性の無邪気なLINEを4つご紹介します。

(1)「構って」系スタンプ

『スタンプと同じ顔してそうなのを想像してニヤつく(笑)』(25歳/営業)

LINEの魅力の一つであるスタンプ。
言葉では伝えづらいわがままもスタンプだと送りやすかったりしますよね。
彼に構って欲しいときは、スタンプで可愛く伝えましょう。

端からひょっこり顔を出している様子や可愛く「私に構って!」とアピールしているスタンプは男性からの評価も高いです。
ただし、どんなに可愛らしくてもスタンプの連打はNGです。

彼からの返信がないということは彼女からのLINEも見られないくらいに忙しいということ。
そんな時にLINEがたくさん送られてきたら温厚な男性でもイラッとしてしまい逆効果です。

(2)デート当日にLINE

『何もないより、やっぱこのあと会えるんだってワクワク感があった方が嬉しい』(27歳/販売)

デートの日は朝からわくわくしますよね。
早く彼に会いたいなと思っているその気持ちをLINEでしてあげましょう。

「おはよう、今日楽しみだね!」なんてささやかなLINEも彼にとっては嬉しいものです。
自分とのデートを心待ちにしている様子を見て嬉しくないわけがありません。

(3)ハートの絵文字

『ハートはやっぱ好かれてる証拠でしょ!』(30歳/歯科医)

女性からすると「ちょっと狙いすぎ……?」と不安に感じるかもしれませんが、男性はわかりやすいアピールが大好きです。
男性の中には文中にハートの絵文字が入っているだけで「もしかして俺のことが好きなの?」と勘違いしてしまう人がいるくらい、男性にとってハートマークは特別なものなのです。

ダイレクトにハートマークを使うのに抵抗があるなら、目がハートになっている顔の絵文字もオススメですよ。
楽しそうな雰囲気でとてもキュートな印象を持ってもらえますよ♡

(4)ストレートに「大好き!」

『文字で見ると余計に嬉しいよね』(26歳/インテリア)

好き、とか大好きという言葉はストレートに伝えるのが一番良いです。
本当は直接伝えたいけど気恥ずかしかったり、直接会えない時でも伝えたかったり、様々な理由がありますが、直接言えないからこそLINEではストレートに伝えましょう。

「好き」に限らず、「会いたい」とか「愛してる」も同様です。
口に出して言うのはちょっと恥ずかしいセリフもLINEなら伝えやすいのでおすすめです。


男性に「可愛い」と思ってもらうために日夜研究を重ねている人もいるかもしれません。
ですが、今回ご紹介したように男性にはストレートでわかりやすいアピールが効果的です。
LINEテクがうまくいかずに悩んだときは、一度自分の気持ちを素直に伝えてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー