男性はどんな時に、女性に面倒くささを感じるのでしょうか?
男性に「面倒くさい」と思われる前に、知っておきたい4つを取り上げました。

(1)LINEに必要以上のメッセージ

『あんまりLINEしてくる子はちょっと子どもっぽいのかな?』(34歳/証券)

スマホの普及により、便利な時代になりました。
しかし、様々な社会問題の原因にもなっているスマホ。
スマホを使い熟すどころか、スマホに振り回されている人も珍しくありません。

大した用もないのに、「おはよう」「おやすみ」「今何してる?」
男性からしたら、「そのメッセージなんの意味あんの?」って頭上に?マークが飛び交っていますよ。
しかも、毎日似た様な内容……。
返信するのも億劫になります。

さらに、スルーすれば怒りだす有り様。
「LINE無視って酷くない?」って思っている人は、何か勘違いしてます。
そもそも「LINEメッセージ沢山頂戴。」なんて、頼まれましたか?
頼まれてもいないのに、勝手に送って勝手にキレてませんか?
相手の都合を考えない女性は、面倒な女認定されても、文句言えません。
せっかくLINE交換して貰ったのですから、上手に活用したいですよね。

(2)我が儘のフルコース

『ワガママすぎる子を見ると、どうやって育てられてきたんだ?と思ってしまう』(32歳/コンサル)

ちょっとの我が儘なら、男性をときめかせるスパイスに。
しかし余りにも手に負えなかったり許容範囲を超えた我が儘は、男性を遠ざけます。
まさに「我が儘」は恋愛において、諸刃の剣です。
その諸刃の剣を闇雲に振り回せば、面倒くさがられて当然。

我が儘はスパイス!
スパイスが多過ぎれば、素材の良さを殺してしまいます。
ほんの少しの我が儘(スパイス)が女性(素材)を、引き立てるんです!
女性であれば、許される我が儘と、許されない我が儘の境界線位は、知っときたいところ。
ポイントは3つ。

・相手を不快させてはいないか?
・相手に負担させてはいないか?
・相手に我が儘を言って良いタイミングだろうか?

相手の立場を考える事が大切ですよ。

(3)ネガティブな発言が多い

『ネガティブ女子はほんとにめんどくさい(笑)』(26歳/美容師)

一口にネガティヴと言っても、様々なネガティブがあります。
日本語では根暗で後ろ向きな意味で使われますが、英語では否定的と言う意味。
英語の方が広い意味を持ちます。

ここでは主に、英語の方のネガティブワードを指します。
大きく分けて2種類。

1つは自分自身に対するネガティブ(否定的)な発言。
「どうせ私なんか……」「私太っているから……」など、自分を卑下するような発言です。
「そんなことない」と励まされたい願望が、露骨に出てしまっています。
男性はカウンセラーではありません。
自身のモチベーションは、自分自身でなんとかするものです。
それを他人任せに強要する事は、大人のすることではありません。

2つ目は他人に対するネガティブ(否定的)な発言です。
「でも〜……」「だって〜……」なんて、相手を否定するような発言を指します。
自分を否定されて、面白い人なんていないですよね。
そんな女性とは会話したくない位、面倒くさがられます。

(4)すぐに泣く

『女の子に泣かれたら何もできなくなるんだよね……』(29歳/インストラクター)

ちょっとしたことですぐに泣く女性は、面倒な女の鉄板中の鉄板。
「おいおい仕事のミスをちょっと注意しただけなのに」
女性に目の前で泣かれたら、翻弄してしまいます。

涙と言う武器を使うことで、相手に罪悪感を与えます。
加害者にされた男性は、いい迷惑。
「泣けばいいってもんじゃない!」
「泣けば許される」なんて、思っているようなら、大きな間違いです。
大人なら、逃げずに相手と向き合いましょう


幼稚な言動が面倒くさがられる要因です!
面倒な言動には、共通点があります。
それは自立できずに、相手に依存し、自己管理の出来ない女性にありがちな言動だと言うこと。
人間、自分のことで手一杯です。余計な負担を、押し付けられたら面倒と、思われて当然です。

(恋愛jp編集部)