男性にとって軽い女性は遊び相手にはいいかもしれませんが、本命の女性にはしたくないはず。
LINEの文面によっては、「軽い女」認定されてしまいますので注意しておきましょう。
軽い女性がしがちなLINE4選をご紹介します。

(1)簡単に「好き」と言う

『好き、という言葉の特別感がなくなってしまうので』(26歳/営業)

軽い女性は気軽に「好き」という言葉を使います。
「〇〇君のそういうとこ好きだな」「〇〇君みたいな優しい人が好き」など、「好き」を連発してしまうと、男性は「誰にでも好きと言う軽い女性では?」と思ってしまうでしょう。

本来女性に「好き」と言われたら男性は嬉しいはずですが、軽い感じの女性に言われると不快に思えてしまいます。
「好き」を使う頻度を減らして、いざというときに使った方が彼の心に響きます。

(2)ハートマークを使い過ぎ

『女性同士では普通に使っているのかもしれないけれど、それを男に対しても行うのは違うと思う』(29歳/広告)

女性が好きなハートマーク。
女性同士で気軽に使うこともありますし、彼氏ではない男性でも仲のよい友達なら「ありがとう」の意味をこめて使うこともあるでしょう。

しかし、付き合ってもいない男性にやたらとハートマーク入りのLINEを送ると「誰にでもハートマークを送る軽い女性では?」と思われてしまいます。
普段使わない女性が使うとドキッとさせますが、日ごろからハートマークを連発していたら、ただの軽い女性と思われてしまいますよ。

(3)すぐ飲みに行こうと誘う

『誘われたら少し驚いちゃいますよね。遊び人なのかな?と思ってしまいます』(25歳/金融)

LINEで男性を気軽に飲みに誘うと「軽い女」と思われてしまいます。

お酒を飲むということは、酔ってしまう可能性もあるのです。
彼氏でもない男性と2人で飲むことに抵抗がなく、自分から積極的に誘うようでは、軽い女性とみなされてしまっても仕方ないかもしれませんね。

積極的な女性は遊び相手にするにはいいかもしれません。
しかし男性は本命として追いかけてはくれないでしょう。
軽い女性と思われたくなかったら、お酒ではなく食事に誘うくらいにしておきましょう。

(4)元カレの話が多い

『対象からは外れるなと思う。興味を失う』(31歳/メーカー)

恋愛話が好きで、自分の元カレの話をしたり、過去の女性関係を興味津々で質問したりする女性は、男性から「軽い」「遊び人」と思われてしまいます。
元カレの話を平気でするようだと、男性経験が豊富な女性と思われてしまうでしょう。

自分ではモテると言いたいのかもしれませんが、ただの軽い女性とみなされて、男性にとっては魅力がなくなってしまいます。


いかがでしたか?
LINEは文字で伝えますので本当は軽くなくても「軽い女性」と思われてしまうことがあります。
気になる男性には、積極的すぎて軽い女性と思われないように注意したいですね。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む