好きな人とのLINEはできるだけ長く続けたいですよね。
しかし、自分がいくら続けたくても相手からの返事が途切れるとそこで終わりになってしまいます。

簡単にLINEが途切れないように、トークを盛り上げるコツ4選をご紹介します。

(1)短文で送る

『だらだらと長文で送ってこられると読む気なくなる』(28歳/営業)

好きな人とLINEするとき、つい長文になってしまいませんか?
いっぱい話したいことがあるかもしれませんが、短文で送るように心がけましょう。

短文だとすぐに読めるので、返事もしやすくテンポ良くラリーが続きます。
しかし、長文になってしまうと見た瞬間に「読むのが面倒」と思われてしまいますので、途切れてしまう可能性があるのです。

なるべくトークを長く続けたいなら、短文で送るようにしてくださいね。

(2)相手が好きな話題で盛り上がる

『やっぱり自分の好きな話題だと話しやすいし、話してて楽しい』(32歳/企画)

自分の話ばかりをする人とLINEしても退屈してしまいます。
特に興味がない話題ならなおさらです。
しかし、自分の興味がある話題なら、話すのが楽しくなるのでもっと話したいと思うでしょう。

そこでトークを盛り上げたいなら、相手の興味がある話題にしましょう。
スポーツや趣味、食べ物など、自分と好みが一緒のものがないか探してみましょう。

食べ物の話なら「今度一緒に食べに行きましょう」と食事に誘うこともできるでしょう。
趣味が合わなくても「今度私にも教えてください」といったようにデートの約束ができるかもしれません。

(3)適度に質問する

『疑問形でメッセージがくると、返事しようって気持ちになるし、話を続けたいのかな?と思ってちょっと嬉しい』(32歳/SE/)

トークを続けるには質問も効果的です。
質問なら相手からの回答が期待できますし、そこから会話を広げることもできます。

質問はできるだけ簡単に答えられるものにしましょう。
じっくり考えないと答えられないような質問だと、トークが途切れてしまうかもしれません。

また、質問が多すぎるのも面倒に感じてしまう人がいますので注意が必要です。
相手の負担にならないように、ほどほどにしておきましょう。

(4)返事を急かさない

『返事を急かされるのは嫌い。そんなに暇じゃないんだけどって思う』(34歳/不動産)

テンポよくLINEしたいのに、相手からの返事に時間がかかると急かしたくなるかもしれません。
しかし、LINEは好きなときに返事ができるのが魅力なので、急かされると相手をするのが面倒になってしまいます。

返事を待てずに連投するのも避けましょう。
返事を急かしたせいでトーク終了となってしまうかもしれませんよ!
相手の都合を考えて、急かさないようにするのがポイントです。


いかがでしたか?
LINEを続けたいなら、相手に面倒だと思われないようにすることが大事です。
「早く会話を終わらせたい」と思われないようなLINEを心がけましょうね。

(恋愛jp編集部)