もし普段の何気ない言動の中に、彼がキュンとなるような仕草があったなら、女性としては知っておきたいですよね。

(1)美味しそうにご飯をたべる

『美味しそうに食べる子には、奢りたくなる!』(28歳/IT)

さも満足気にご飯食べる人を見ていると、それだけで気持ちが和んできませんか?
女性でも、後輩や年下の友人や親戚など、奢る機会がある人もいるでしょう。

これは私が、年下の女の子に奢った時の話し。
その女の子は、男性からの評判が高く、私は彼女に奢ってみて、その評判の高さに納得しました。
「本当好きなもの頼んで良いんですかぁ〜。お肉たべちゃお〜♪」
オーダーした料理が運ばれてくると
「やった〜。お肉だ〜♪」
彼女は目を輝かせて、満足気に料理を食べていました。
「こりゃあ男心が理解出来る」と、納得。

男女に関係なく、こんなに嬉しそうにしてくれるなら、また奢っちゃおうかな?って思いますよね。
間違ってても、食事中にスマホいじっちゃ駄目。
一緒に食事楽しむだけで、キュンキュンする男性は、思いの外多いです。

(2)真剣に何かしている

『不器用な子の真剣な場面にキュンとするかも』(31歳/マーケティング)

何かに真剣に取り組んでいる男性って、素敵ですよね。
男性も真剣な女性の姿にキュンとなるようです。
ただ女性と違う所は、「素敵♡」と言うよりも「可愛い」「いとおしい」等と、思うみたい。
特に自分のために時間や労力をかけてくれたことにキュンとするようです。

例えば彼の誕生日に、特別なご馳走を手作りするのもいいかもしれませんね。
たとえそれが不格好だったとしても、彼はそこにかけてくれた時間や愛情に、愛おしさを感じるのです。

『一生懸命な人』と言うだけで、なんとなく好感がもてるもの。
何かに真剣に取り組むことは、日々の生きがいにも繋がります。
『男性の目線』度外視でも、日々心がけたい事ですよね。

(3)さり気ないボディタッチ

『胸を押し付けられたら、さすがに男もわざとだと気づくよ』(25歳/美容師)

鉄板中の鉄板すぎるボディタッチについてちょっと詳しく探ってみました。

やはりさりげなさがポイントとなるようです。
露骨なボディタッチはガツガツしすぎてあまり好まれません。
触り方によっては遊び女のようなポジションになってしまうことも。

ボディータッチは恋愛においてかなり有効的ですが、やり方を間違えると逆効果になってしまいます。
肩を軽く叩いたり背中にそっと触れる。
これくらいが実行しやすいのではないのでしょうか。
2人の距離が縮んだなぁと感じたなら二の腕を組むのがオススメです。

(4)髪の毛をいじる仕草

『髪の毛を触る度いい匂いがしてきたら、それでもうノックアウト』(30歳/映像)

髪を結んだり解いたり、髪を耳にかける仕草は男性をキュンとさせます。
女性としては意外だなぁと思いますが長くてサラサラな髪は女性特有のもの。
男性は髪に女性らしさを感じるようです。

清潔そうな髪の毛はいかにも男性ウケが良さそうですよね。
日ごろから髪の毛の手入れはしておきたいところ。
ただ無意識に行ってしまう仕草ですよね。
気のない男性の前ではあまり髪の毛を触らないように、意識したほうがいいかもしれません。


無意識に行っている仕草の中に、キュンとなる要素が多いようです。
ただ食事の仕方や、髪の毛の手入れ等、日ごろから意識できることもありそうです。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む