彼氏とのセックスレスに悩む女性は意外と多いでしょう。
どんなカップルにもマンネリの時期は訪れますし、そんな時こそ同時にセックスレスにも陥りやすいもの。

セックスレスは、回数が少ないことと捉える人が多いでしょう。
しかし「本当のセックスレス」とは、少しニュアンスが違うのかもしれません。

(1)セックスレスの定義

『単に回数が少ないことを指すのかと思っていた』(32歳/公務員)

恋人同士、夫婦間でのセックスレスに悩む人は非常に多いと言います。
では、セックスレスとは具体的にどんな状態のことを言うのでしょうか。
専門家の話では、セックスレスとは「年に9回以下」しかセックスが行われない状態のことを言うといいます。

年に9回以下というと、1か月に1回もセックスが行われていないことになりますよね。
これは確かに悩ましいと思えて当然の数字です。

(2)回数が少ないことはあくまで目安の話?

『回数が少なくても十分、というカップルもいる』(28歳/営業)

ですが、セックスレスについて別の定義を唱える専門家もいると言います。
そもそも回数が少ないことはあくまで目安の話。
個人個人でどの程度セックスするのかがちょうど良いとされるのかは、かなり異なってきます。

問題なのは回数ではなく、その回数に対してどう思っているかどうかということです。
例え年に9回ほどだったとしても、確かにそれを良しとしているカップルもいるでしょう。
ですが9回なんてあり得ない!と思うカップルもいるということです。

(3)量よりも質

『回数と仲の良さは、あまり関係ないんだと思う』(29歳/飲食)

「量よりも質」という考え方もあります。
例え毎日のように体を重ねていたとしても、セックス自体に愛がなければ心は満たされません。

ただ義務的にセックスの回数を増やしているカップル。
一方は、回数はそこまで多くないけれど愛のある情熱的なセックスをするカップル。
愛し合っているのはどちらかと言われれば、やっぱり後者のカップルにはなるでしょう。

(4)自分たちにとってちょうど良い回数を探る

『カップルによって違うのだから、比較する必要はない』(26歳/通信)

セックスの回数をただ増やしていけば恋人・夫婦の仲が深まるという単純な話ではないでしょう。
セックスレスを防ぐために無駄に回数だけを重ねて、逆に疲弊していく人たちもたくさんいます。

恋人同士、夫婦としての良質なセックスライフを楽しむためには、ちょうど良い回数や距離感を模索することが大切なのかもしれません。
大事なのは愛のあるセックスを、お互いにとって満足な頻度で行えることですから。


「本当の」セックスレスについて解説してきましたが、いかがでしたか?
セックスをしていても、心の距離が広がってしまうカップルもたくさんいます。

逆に回数は少なく手も心から繋がり合っていて、ラブラブなカップルもたくさん。
本当の意味でのセックスレスに陥らないためにも、自分たちのセックスライフを一度ぜひ見直してみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む