大好きな彼に嫌われたくないですよね。
彼に幻滅されないためにも知っておきたい、男性が彼女のことを嫌いになった4つの瞬間をピックアップしました。

(1)浮気された時

『いや、これはもう確実にない。決定打』(24歳/営業)

女性だって好きな人に浮気されたくないですよね。
男性だって、それは同じです。
嫌われるどころか、即別れにつながる原因になります。

裏切られたこと、嘘つかれたことに、傷ついてしまいます。
また、男性の場合、他の男性と関係を持った女性を「汚い」と思ってしまいます。
浮気を知った瞬間から、嫌悪感を抱き、即別れることを、決断する男性も、少なくありません。

今まで愛した女性を、別の人に思えてくるのです。
すぐに別れを選ぶ男性は、むしろ誠実です。

ちょっと、ずるい男性ですと、新しい恋人候補が現れるまでの、繋にされることもあります。
別れたくないと彼の情に、すがることも可能です。

しかし、1度失った信頼を取り戻すのは簡単なことではありません。
もし、浮気を許してもらえたのなら、心から反省して二度と同じ過ちを、繰り返さないことです。

(2)金銭感覚が合わないと思った時

『散財する姿を見て顔を青くしたことがある』(27歳/金融)

いくら魅力的でも、浪費癖のある女性と、付き合いたいと思う男性は、まずいません。
バック1つ2つくらいなら、わかります。

しかし、あらゆるものを、ブランド物で固めているのなら、『お金に汚い』印象を、与えてしまいます。
高価なプレゼントをおねだり。
いかにも高そうなレストランへ、連れてって欲しいと言う。

あまりにもお金がかかる女性は、それだけで煙たがられます。
「彼女にとって俺は財布でしかないんだ。」
「彼女は家庭的じゃないな。」

もし、すぐ別れを告げれなくて、ちょっとしたきっかけに、別れを意識させてしまいます。
例えば彼の前に、家庭的な女性が現れた時。

「家庭的な女性っていいよな。」なんて彼が思ってしまったら、別れのカウントダウンがスタートします。
金銭感覚は、現実的な問題ですので、1度自分の金銭感覚を、見直してみても良いでしょう。

(3)女性らしさを感じなくなった時

『なんか…切ないね…(笑)』(2歳/飲食)

女性なら、片思い中は彼の気を引きたくて、ヘアメイクにファッションと、身だしなみには気を配るでしょ。
そして念願叶って両思いに。

しかし、交際が長くなれば、長くなるほど、気を抜いてしまいます、おしゃれに気を使わなくなります。
ある意味、気を許しているとも言えますが…。
男性にとって、女性を意識しない女性は、かなりの幻滅ポイントとなります。

「出会った時の彼女とは別人。」
なって、思われないためにも、彼の前では、女性でいることを忘れないでいましょう。

(4)不自由を感じた時

『やっぱり男は自由が好きだもん!』(26歳/広告)

「週末休みたいのに、彼女と会わなければいけないから、自分の時間がない。」
彼女がいることで、自由にできる時間がないと感じた時、彼女の存在がわずらわしくなります。
「彼女がいなければ、休むことができたのに…。」

なんて、いないほうがいいと、思われてしまったら、お終いです。
恋人同士だからと言って、四六時中一緒に、いなければいけないわけではありません。

また、細かいスケジュール等、何でも把握したがる女性を、窮屈に感じてしまいます。

お互い信頼しあっているからこそ、お互いの自由な時間を尊重できるのです。
自由な時間を与えるのも、愛情の1つだと思った方が良いでしょう。


いかがでしたか。
親しき中にも礼儀あり!

嫌われる原因は、長い付き合いの中で生まれてくるようです。
付き合った頃の気持ちを、いつまでも、忘れないでいたいですね。