彼に好きという気持ちを伝える時、いつまでも新鮮な気持ちを保ちたいところですよね。
彼が思わずキュンとしてしまうような伝え方とは、どのような方法があるのでしょうか。
そんな伝え方が出来たら、いつまでも仲良しでいられることにも繋がります。

そこで、いつもと違う!彼がキュンとする「好き」の伝え方についてまとめてみました。

(1)電話で伝える

『いきなり電話で「好きだよっそれだけ!」ってほんまにかわいい』(28歳/営業)

付き合いが長くなると、用事がある時以外電話をしなくなるケースが多いようです。
しかし、わざわざ好きと言うためだけに電話が来ると、新鮮な気持ちになりますよね。
最近ではLINEで連絡を取り合うことが多いので、電話で気持ちを伝えることが減っています。

そこで、時々電話で好きと伝えることで、彼をキュンとさせちゃいましょう。
そうすることで、マンネリを防ぐことにも繋がります。

(2)好きなポイントを具体的に伝える

『さっきのカッコよかったよって言われるのって、嬉しくてニヤける』(30歳/金融)

彼と一緒にいる時、ふとした瞬間に優しいな、かっこいいな、と感じることってありますよね。
その時に、具体的に何故そう感じたかを彼に伝えてみましょう。
その時言えなくても、後々その気持ちを具体的に伝えることがおすすめ。

そう言われて嬉しくない男性はいません。
あの時そんなこと思ってくれてたんだ”と、彼をキュンとさせることに繋がります。

(3)真剣な表情で伝える

『そんな真剣に言われるとドキッとするじゃん』(32歳/教師)

甘え上手な女性は、笑顔で好きという気持ちを伝える傾向にあります。
しかし、毎回同じでは彼もキュンとしなくなっていきます。
そこで、時々真剣な表情で好きと言ってみることをおすすめします。

そうすることで、真剣さが伝わり彼をドキドキさせることが出来ます。
本当に好きなんだよ、というアピールにも繋がるので、ぜひ試してみましょう。

(4)ボディタッチ

『手をスリスリしながら言われると、なんか全てを愛されてる感ある』(29歳/広告)

好きという気持ちを伝える際に、相手の温もりを感じることでより深い愛情を感じます
そのため、手を握ったり、顔を撫でたりしながら好きと言ってみましょう。
そんないつもと違う好きの表現に、彼がキュンとしないわけがありません。

そうしたボディタッチは、カップルにとってとても大切なことです。
彼をキュンとさせるためにも、たまには積極的にボディタッチをしてみましょう。


いつもと違う好きの伝え方は、彼をドキドキキュンキュンさせることに繋がります。
特にマンネリ気味のカップルには役に立つ方法なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)