デートの際に、また誘いたいと思わせるには別れ際が肝心です。
別れ際に彼をキュンとさせるような言動、行動が出来たら、次のデートにも誘われる可能性が高くなります。
では、別れ際に彼をキュンとさせるにはどのような方法があるのでしょうか。

そこで、また誘いたくさせる「デートの別れ際テク」をご紹介します。

(1)寂しさを態度で表す

『何回も振り返って手を振るのが可愛くて仕方なかった』(31歳/証券会社)

帰り際になって、寂しいなどと言葉にして伝えると、あざとい印象に繋がります。
しかし、あまりにもサバサバした別れ方では男性に自分に気がないと思わせてしまうことも。
寂しい気持ちは言葉ではなく、態度や雰囲気で表すことがおすすめ。

お礼を言いながら、寂しそうな顔で手を振るなどの方法で彼をキュンとさせちゃいましょう。
そうすることで、またすぐに会いたいと思わせることに繋がります。

(2)お礼はしっかり伝える

『ありがとねーって軽い感じだとちょっとさみしい……』(32歳/営業)

デートの最後に、今日はありがとう、などといったお礼の言葉を伝えるのは当たり前。
その際に、ただお礼を言うだけでは社交辞令と捉えられることも
お礼を言う際には、楽しかった、嬉しかった、などの気持ちを最大限に伝えることがおすすめ。

そうすることで、また誘いたいと思わせることに繋がります。
そのため、帰り際にはお礼と一緒にデートの感想も伝えるようにしましょう。

(3)思いやりの言葉

『明日寝坊しないでねって言われたのが最高にキュンとして、寝れなかった(笑)』(26歳/公務員)

デートの帰り際には、思いやりの言葉を伝えると男性はキュンとするようです。
「今日は楽しかった、お仕事頑張ってね」など、最後の一言は思いやりの言葉を添えましょう。
そうすることで、気遣いが出来る優しい女性という印象を与えることにも繋がります。

そのため、彼が言われて嬉しいと思うような言葉を考えておくことをおすすめします。

(4)次のデートで行きたい場所をアピール

『次にいきたいとこ言ってくれるって、よく考えるとまた会いたいって事だしすげぇ嬉しい』(27歳/総務)

別れ際に、次のデートがしたいことをさりげなく伝えるには、行きたいところなどをアピールする方法がおすすめ。
こんなところに行きたい、などといった発言を残すことで、彼もデートに誘いやすくなります。
その際には、みんなでワイワイ行くような場所ではなく、デートに最適な場所を選びましょう。

そうすることで、後々彼から誘いが来る可能性が高くなります。


また誘いたくさせるデートの帰り際テクを使うと、男性に気がある場合には成功する可能性が高いと言えます。
帰り際テクを参考に、気になる男性からの次のデートの誘いに繋げてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)