気になる男性にLINEでアピールを仕掛けるもイマイチ反応が良くない…。
そんな経験はありませんか?
もしかしたらあなたの送っているそのLINE、男性が思わず既読無視したくなる「非モテLINE」かもしれません。

(1)「なんでもいい」「どこでもいい」

『結構ガチに一番面倒くさいやつ』(24歳/営業)

例えば、どこに行きたい?と聞かれた返事に「どこでもいいよ!」という回答は男性ががっかりするLINEの一つです。

女性からすると「あなたと一緒ならどこでもいいよ」とか、彼の希望を聞きたいという気持ちかもしれませんが、言われた方は「デートがあんまり楽しみじゃないんだな」と感じてしまします。

デートのプランを男性任せにし過ぎていると非モテ女性の烙印を押されてしまいます。
時には彼をリードするくらいの気持ちで彼にデートプランを提案してみましょう。

(2)追撃LINEが多い

『返すつもりでいたとしても、返す気なくなる』(27歳/飲食)

ちょっと返信がこないくらいで「どうした?」とか「なんかあった?」とか何度も追撃LINEを送るのはずばりウザイです。

彼も忙しかったり、お風呂に入っていたりといつでもスマホを見れる環境にあるとは限りません。
何度もLINEを送ってこられると、既読無視どころかブロックやミュートされてしまうかもしれません。

(3)意味不明なスタンプ連打

『疲れる』(25歳/アパレル)

ギャグっぽいイラストなど何が言いたいのかわからないスタンプを連打してくるのは迷惑以外の何物でもありません。

LINEは会話とは異なり、やり取りしている二人のテンションが同じとは限りません。
送ったときは楽しい気分で送っているのかもしれませんが、受け取ったとき彼はものすごく疲れているかもしれませんよ。

意味が分かりやすい挨拶やメッセージ付きのスタンプも特に理由がないのであれば連打するのはやめましょう。

(4)事務的すぎるLINE

『返す気なくなるというか、返さなくていいやつでしょ?』(29歳/広報)

「はい」「わかりました」といった事務的すぎるLINEを繰り返していると「LINEしないほうがいいのかな?」なんて勘違いされてしまいます!

まだ2人の関係が浅い頃など、気を使いすぎて質素なLINEになってしまうという人もいるでしょう。
そういうときこそ絵文字やスタンプを活用してみてくださいね。

敬語でメッセージがかかれたスタンプなら、取り入れやすくておすすめです。


いかがでしたか。
モテる女性はLINEのメッセージにもしっかり気を配っています。

顔が見えないコミュニケーションのなかで「言葉」というのは、ちょっとした違いで印象がガラッと変わるものです。
一言一言に気を付けて、モテLINEを目指しましょう。

(恋愛jp編集部)