意中の彼に「彼女にしたい」と思われたいですよね。
そんな女性なら誰しもが思う悩みを出会いから順に追って解説しました。

(1)ぶっちゃけ見た目が好み

『やっぱり見た目も好みじゃないと好きのスイッチ入らないもんね』(27歳/公務員)

「女の子は見た目じゃない。中身だよ」なんて言う男性もいますが、そんなことは無くてやっぱり見た目は大事です。
最終的には、お互いの愛情の度合いが、決め手になるでしょう。

しかし、恋のスタート地点は「あっ!あの子可愛い♡」とか、容姿から入る事が多いですよね。
「あの人笑顔が素敵♡」「よし!指輪はしてないようね」
女性だって、男性の身体的特徴に惹かれて、相手の容姿から情報を得ようとしますよね?

男性は女性より、『外見』にウェイトを置いています。
恋はトキメキから始まるのですから、男性がトキメくように、日頃から見た目には気を使った方が良いでしょう。

(2)好意を見せてくれる

『やっぱ好きってわかる人とのが安心する!』(25歳/SE)

どんなに美人でも、あからさまに脈ナシ感を漂わせていたら、男性は近付きにくいです。
「俺に気がないんだな」と思われたら最後です。
男性は諦めて、別の女性を探しに行っちゃいますよ。

「好きだけど素直なれない」なんて複雑な乙女心を理解出来るほど、男性は察しの良い動物ではありません
ですので、男性は素直に好意を見せてくれる女性に好感を持ちます。

「最初は気になってなかったけど、自分に気があることを知ってから、彼女の事を気になりだした」と言う男性に私は会った事があります。
そして、その話しを他の男性にすると、多くの男性が共感していました。
意中の男性が現れたら、素直に好意をアピールすると、恋が成就する確率が上がりそうですね。

(3)恋のライバルが出現する

『恋愛相談なんかされたら、はやくこっちを向かせなきゃって焦る』(29歳/飲食)

これ良く聞きますが、個人的には納得していない所があります。
しかし、「彼女にしたい」と思うきっかけになる。
そう言う男性が思いの外多いので、紹介します。

『他の男に取られそうになると焦る』『自分に惚れ切っている女性には、興味が薄れる』等々、どうも男性は『自分に惚れている=自分の物』と解釈しているようです。
「自惚れるな!」って言いたくなりますが、ここは女性側が大人になるしかありません。

男性には「獲物を仕留めてやるぞ!」って言う思考が、本能レベルで働くんです。
「油断していると、誰かに取られる」と言う様な危うさに、惹きつけられるもの。
「何だか、男性って女性をゲームの景品だと思っているんだね」なんて、言ってはいけません。

『男心を理解していない』なんて、思われかねません。
男なんて永遠に子どもみたいなもの、そんな気持ちでいればいいんですよ。

(4)深い愛情を注いでくれる

『母性とか包容力で愛情を注いでくれそうな彼女が欲しい』(31歳/映像)

男女が惹かれあう理由は様々です。
『容姿』であったり、『内面』や『価値観』であったり……
しかし、最終的には『愛情』がものを言うのですね。

『相手がどれだけの愛情を注いでくれたか?』
これって女性でも重要視する所でしょうが、男性も同じです。
辛いときに支えてくれたり、さり気ない気遣い、日頃からの感謝の気持ち。

解り合えない男女の恋心で、数少ない共通する部分が『愛情』なんです。
「彼に愛されたい」と、待っているだけでは駄目です。
彼に惜しみない愛情を注ぐ事の出来る女性が、男性に愛されるのです。


受け身でいては駄目です!行動あるのみ!
昨今から草食男子が急増中の現代で、相手からのアプローチを待っていたって、他の女性に先を越さるだけ!
最終的に選ばれる女性は、きちんと行動に移している人なのです。

(恋愛jp編集部)