気になる男性がいれば、デートに誘いたいですよね。
しかし、どのように誘っていいか分からないという人も多いはず。
では、男性はどのように誘われたら嬉しいのでしょうか?

そこで今回は、男が喜ぶLINEでの誘い方を紹介していきます。

(1)ストレートに誘う

『駆け引きみたいなことされると嫌になる』(31歳/コンサル)

回りくどい誘い方ではなく、ストレートに誘われたほうが嬉しいみたい。
誘われているのかよく分からない、こちらから誘うようにもっていかれていると分かれば、面倒に感じます

相手との距離感にもよりますが、まずは「ご飯に行こう」や「飲みに行こう」など気楽に誘ってみましょう。

ほんのり好意を伝えたいのならば、「一緒に遊びに行きたい」や「デートしない?」なんていうのもアリですね。
嫌いな人をデートに誘うことはないので、好意が伝わりますよ。

(2)OKしやすい場所を選ぶ

『合コンで会った人に、休みの日2人で会おうって言われたら少し躊躇するかな』(30歳/商社)

あまり親しくない相手に、いきなり休みの日に遠出しようと言われたら戸惑いますよね。
まずは、仕事が終わってからの食事など、短時間のデートに誘うと良いですよ。

この時、気軽に入れるお店を選ぶことが大事。
気取ったお店であれば、気後れする男性もいるので、相手に合わせたお店をチョイスしてみて。

仲がある程度良いのならば、1日のデートに誘ってもOK。
相手との距離感を考えて、誘う場所を選ぶようにしましょう。

(3)趣味のことで誘う

『趣味のことなら共通の話題も多いし、誘われたら嬉しい』(29歳/公務員)

相手の趣味にことでデートに誘う方法なら、奥手な女性でも誘いやすくなります。
彼が好きなこと、得意としていることなどをまずはLINEでやり取りしてみましょう。
その話に便乗してデートに誘います。

例えば、映画が好きな彼ならば、「おススメの映画を一緒に観に行きたい」や、「他にも色々話を聞きたいから、ご飯一緒に行きませんか?」など。
彼が好きなイベントやライブなどに誘ってもOK。

共通の趣味があるのならば、それを使わない手はありません。
「教えて欲しい」など、頼る形で誘えば、喜んで誘いにのってくれますよ。

(4)会いたいことを伝える

『会いたいとか言われたら、好きなのかなって思っちゃう』(26歳/企画)

「会いたい」気持ちを伝えながらデートに誘えば、好意が伝わるもの。
恥ずかしくて、「暇だから遊びに行こう」など、誰でもいいけどとりあえず誘ってみた感じでは嫌な気持ちになります。

それでは、デートに誘われているとは思わず、暇つぶしに使われたと思うもの。

きちんと、「会いたい」ことを伝えるのが大事!
「しばらく会ってないから会いたいな」や「○○くんと一緒にご飯食べたい」など、特定するようにしましょう。

自分だから誘われていると分かることで、嬉しい気持ちになりますよ。


デートに誘うのは勇気がでないと、誘われ待ち状態の人も多いはず。
そんな時に便利なのがLINE。

トークしながらなら誘うキッカケを見つけやすいので、少し勇気をだしてデートに誘ってみて下さいね。

(恋愛jp編集部)