美人な人は多少のわがままでもなぜか可愛く思えて許されてしまうものです。
正に「美人は得」ですが、わがままも行き過ぎてしまうと周りから反感を買っていることがあります。
美人でも許されない女性のセリフ4つについて紹介をします。

(1)私別の店がいい

『じゃあ帰ってもらいたい(笑)』(32歳/管理)

会社の飲み会や合コンなどでよくあるパターンですが、このようなセリフを言われたら興ざめしますね。

違うお店が良いならもっと早く言えば良いのに、自分は美人だから自分の思い通りになるという思いがみえみえです。
楽しい雰囲気に水を差すようなセリフはいくら美人だからといってもNG。
空気を読めない女性は周りからも反感を買う事に……。

(2)違う場所の方が良かった

『これ言われたらすごい凹むかも……』(23歳/飲食)

デートの時に男性が一生懸命プランを考えて、デートに誘って何かトラブルがあった時にこんなセリフを言われたらげんなりしますね。

突然の雨や、お店が混雑していて待ち時間が長いなど、デートスポットに行くとありがちな事。
いくら美人だとしても相手の気持ちを考えないような発言は、許せないと感じてしまいます。
相手にまかせっきりにするのではなく自分から提案をする女子のほうが男性は可愛いですよ。

(3)ふーんそれで?

『盛り上げようと会話を頑張ってるのに、虚しくなる』(25歳/営業)

あまり女性は気にせずに使っているセリフかもしれませんが、男性にすればひっかかるセリフ。
「結局何をいいたいの?」と言われているようで、言われた方としてはなんだか馬鹿にされたような気分になりますよね。

男性と話をしていて気をつけたいのは女性同士で普通に会話をしている話し方が、男性にとってはキツく感じる場合があります。
男にも態度を変えないカッコいい美人を目指したつもりが、単なる高飛車に見える場合もあるので注意しましょう。

(4)私○○だから

『その場に合わせられない子は、彼女候補から外れるね』(34歳/医療)

「私J-popは嫌いだから」「私お酒はワインしか飲まない」などいわゆる意識高い系の自己紹介です。
ポリシーがあるのは良いことですが、飲み放題の居酒屋でこんなことを言われてもドン引きしますね。
周りの空気に合わせて楽しめない人は、いくら美人でも許せないと思われることがあります。


美人でも許されない女性のセリフ4つについて紹介しましたがいかがでしたか?
思わずあるあるとうなずく人もいるのではないでしょうか。

男性は周りの調和を大事にするため、空気を読めない発言をする女性はいくら美人だとしても恋愛対象になりません。
自分にも思い当たることは注意して、誰にでも愛される素敵な女性をめざしましょう。

(恋愛jp編集部)