男性を本気にさせるためには、料理の腕が深く関係しています。
男性が好むような料理を作るには、いったいどのような方法があるのでしょうか。
そんな方法を知ることが出来たら、男性を虜にすることにも繋がります。

そこで、男性の理想とする「彼女の手料理」についてまとめてみました。

(1)煮物

『出身地によって味付けも変わると思うから、そこも考慮して作ってくれてたらめちゃくちゃ感動する!!』(35歳/金融)

外食やジャンクフードに慣れている男性は、あたたかい味を求める傾向にあります。
特に煮物は外食の際にも食べる機会が少ないので、なかなか普段食べられません。
さらに、味付けによって料理の腕がわかるので、あえてリクエストする男性もいるみたい。

そのため、いつリクエストされてもいいように煮物は上手に作れるようにしておきましょう。
突然のリクエストにもかかわらず美味しい煮物が作れたら、料理が出来ることをアピールすることにも繋がります。

(2)カレー

『お店で食べるカレーもいいけど、家カレーがやっぱり好き』(24歳/企画)

カレーは嫌いな人がいないと言っても過言ではないほど人気のあるメニュー。
お腹が空いている時、手際よくカレーを作ってくれる女性は男性の理想とも言えます。
カレーは失敗することがないので、男性に振る舞う時にプレッシャーにならないというメリットもあります。

そのため、急いで料理をする際には失敗を防ぐためにもカレーはオススメ。
よりおいしく食べてもらうためには、彼の好みの辛さに調整するなどの気遣いは忘れないようにしましょう。

(3)肉じゃが

『下手でも作ってくれるだけで嬉しい』(26歳/保育士)

どこの家でもよく食べられている、料理の定番とも言える肉じゃが。
家庭の味を連想させる肉じゃがは、男性に結婚を想像させることにも繋がります。
一人暮らしの男性などにとって、肉じゃがはなかなか食べる機会がありません。

そのため、男性に手料理を振る舞う際には肉じゃがは非常に喜ばれるようです。

(4)オムライス

『日曜日のお昼に作ってもらいたいな』(27歳/公務員)

料理が苦手な女性でも簡単に作ることが出来るオムライス。
オムライスは簡単な上にお腹いっぱい食べられるので、作る側と食べる側のどちらにとってもメリットがあります。
ケチャップで絵を描くなどの方法で、可愛さをアピールすることも出来ます。

一生懸命作った感があるオムライスで、彼をキュンとさせちゃいましょう。
そうすることで、料理が苦手でも男性を喜ばせることが出来ます。


男性の理想とする彼女の手料理は、定番と言えるメニューがほとんど。
定番だからこそ料理腕が試されることもあるので、手を抜かず丁寧に作ることを心がけましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む