男性が本命彼女に送るLINEとキープしておきたい女性に送るLINEには違いがあります。
彼からのLINEで自分はどっちなのか見極めましょう。
男性がキープの女性に送りがちなLINE4選をご紹介します。

(1)「今日会える?」

『手っ取り早くつかまる子、便利』(23歳/会社員)

キープの女性を誘う時は、突然のことが多いです。
もちろん本命でも突然会いたくなる場合はあるでしょうが、デートの約束は前もって彼女の都合を聞いてから約束する人が多いでしょう。

今日とか明日とか、いきなり会おうと言われたらキープと思われている可能性が。

男性は、今日の約束がキャンセルになったなど、突然ヒマになったときにキープの女性を思い出して誘ってきます。
自分の都合はおかまいなしで、いきなり誘われたらキープと思われているかもしれませんよ。

(2)先の約束は「多分」

『キープの子と約束なんてしたことない』(28歳/商社)

男性はキープの女性と先の約束をするとき、「多分大丈夫と思うけど……」「行けるかも?」というように、少し歯切れが悪い言い方をします。
今日や明日の約束ならできるのですが、来週や再来週となると予定がはっきりしません。

それは本命の彼女との約束を優先したいため、先の約束はあまりしたくないから。
直前になって「ごめん、やっぱり急用が入った」と断られる可能性もあるでしょう。

「大丈夫」と断言してくれることがない彼は、あなたのことをキープと思っているかもしれません。

(3)返信が遅い

『忘れてることがある(笑)』(25歳/事務)

仕事が忙しい男性も多いので、返信が遅いからといってキープ扱いされていると断定はできません。

しかしキープの女性に対しては、返信が翌日になるとか、質問しているのに返信がないなど、明らかに軽い扱いをします。

また、頻繁にLINEがくる時期もあれば、しばらく音沙汰なしなど、LINEの返信の頻度にムラがある場合もキープにされている可能性が。

(4)「そのうち」

『キープの子から誘われると、なぜかめんどくさくなる』(26歳/美容師)

男性はキープの女性からデートに誘われてもあまり乗り気ではなく、「そのうちね」といってはぐらかすことが。

キープなので、自分の都合がいいときにだけ会えればそれでいいのです。
その子の都合に合わせてまで会おうとは思いません。

しかし、あまり放っておくと離れていくかもしれないので、ときどき会っておくようにはしています。


「付き合ってると言えるかわからない」「本命ではないのでは?」という疑いがあるときは、彼がキープとしか見ていないのかもしれません。
彼はあなたに合わせてくれていますか?

キープ扱いされているようであれば、他の男性を探した方がいいかもしれません。

(恋愛jp編集部)