第一印象で「近づきにくい人だな」と思われてしまうと、それ以上関係が縮まらなくなってしまうこともあるでしょう。
男性と仲良くなるためには、親しみやすさを見せることがとても大切です。
今回は、男性が警戒してしまう「近づきづらい女性」の特徴についてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

(1)笑顔が少ない

『男は臆病だから、笑ってもらえるとホッとするんだよね』(32歳/出版)

常に笑顔の女性はとてもフレンドリーな印象を与えます。
また会話の最中によく笑ってくれる女性は、聞き上手に見えて男性はとても話しやすく感じるようです。
しかしあまり笑顔を見せない場合、会話していても感情が読み取りづらいため、男性は少し戸惑ってしまうのです。

あまりにも女性が笑顔を見せないと、「一緒に過ごしていても楽しくない」と感じて男性は離れていってしまうかも……。
普段から笑顔で過ごすように心がけると、男性とさらに仲良くなるきっかけを掴めるようになるかもしれません。

(2)無口

『沈黙に耐えられない』(29歳/代理店)

無口な女性も、「近づきづらい女性」だと男性から思われてしまいます。
あまりにも無口で、自分から会話をふったりすることもない場合、全く会話が盛り上がらず男性はとても居心地悪く感じるのです。
「近づきづらい」という印象を与えないためには、自分からも相手を楽しませる努力をすることが必要。

どんなシーンであっても自分から会話をふる努力をして、男性との会話を盛り上げてみてくださいね。

(3)友達が少なすぎる

『友達が多すぎる子もよくわかんないけどね(笑)』(26歳/サービス)

友達が少なすぎる女性も、男性から少し警戒されてしまいます。
あまりにも友達が少ないと、男性は「この人は何か問題があるのかもしれない」と思ってしまうようです。
特に同性の友達が全くいない場合、男性はより「近づきづらい」と感じるのではないでしょうか。

同性の友達をないがしろにすることなく、話しやすいと感じることができる友達との時間も大切にするように心がけてみて。

(4)本音を言わない

『本音を言わない子は、信用できないよ』(30歳/広告)

会話の中で本音を話し合うと、お互いの距離が一気に縮まったように感じることができるでしょう。
逆に全く本音で話そうとしない女性は、相手と仲良くなる気がないような印象を与えてしまうため、「近づきづらい」と思われてしまうのです。
全てをおおっぴらに話す必要はありませんが、自分が思っていることを話すことはとても大切。

相手と仲良くなりたいのであれば、自分自身をしっかりと相手に見せ、相手に親近感を抱いてもらえるようにしましょう。


いかがでしたか?
今回は、男性が警戒してしまう「近づきづらい女性」の特徴についてご紹介しました。
自分の振る舞いを振り返って、「近づきづらい」と思われてしまうことのないように心がけてくださいね。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む