Hしたいと思っても、直接口に出して言うのはなかなか恥ずかしいですよね。
そんな時はキスで彼を興奮させ、ベッドにうまく誘導しちゃいましょう。
今回は、男性をベッドにいざなう女性のキスについてご紹介していきたいと思います。

(1)焦らすキス

『一番ドキドキする瞬間かも』(31歳/自営業)

まず色気たっぷりのキスとしてよく言われるのは、とにかく焦らすキス。
唇が触れそうになったり、寸止めしたりしながら、ムードを盛り上げていきます。
焦らされればますますしたくなるのが、人の性というものですからね。

焦らす時にはたまにゆっくり彼を見つめて微笑むのがポイント。
焦らす、たまにキスする、見つめるをうまく使いながら、彼をぜひムラムラさせちゃってください!

(2)吐息たっぷりのキス

『こっちも声が出ちゃいそう(笑)』(22歳/サービス)

Hに繋がるキスなら、やっぱり吐息たっぷりのエロティックなキスも欠かせませんよね。
彼をエッチな気分にさせるためにも、キスをするときは大胆に吐息を漏らしてみましょう。
吐息が唇に触れて、彼はますます感じてしまうこと間違いなし。

また、彼のほっぺや耳たぶ、首筋などの感じやすいところに吐息たっぷりのキスを仕掛けるのも良いでしょう。
そんな色っぽいキスをされたら、1分もしないうちにベッドに行きたくなる男性は多いはず。

(3)急に積極的なディープキス

『こっちもやる気でちゃうでしょ』(28歳/マーケティング)

焦らしながら余裕を持ってムードを作っていくのも素敵ですが、不意打ちにディープキスも意外と効果があります。
特にあまり自分からディープキスをしない女性は効果てきめんなのではないでしょうか?
「彼女がこんな濃厚なキスをしてくるなんて……」と思うだけで彼はもうメロメロ

ちょっと恥ずかしそうに、慣れていない感じを出しながらするとなお良かったりもします。
いつになく積極的な姿に、彼は一気にスイッチが入ってしまうはずです。

(4)キス中に彼の体に触れる

『そんなことされたら、もうすぐにベットに押し倒す!』(33歳/映像)

ちょっといたずらっ子っぽく、キス中に彼の体を触り、刺激してみるのもポイントです。
背中や腰周り、お尻、もしくはアソコなど、キス中に積極的に触れてくるのはHしたいことの証。
すぐにスイッチオンしてしまう男性も多いはずです。

ちなみに触る際は、ちょっと手を這わせるような感じでエロティックに触るのがポイント。
彼がゾクゾクするようなエッチな触り方を意識してみてくださいね。


男性をベッドにいざなう女性のキスについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
Hしたいと直接言わなくても、ベッド近くで上のようなキスを仕掛ければ、彼は自然とベッドに行きたくなるもの。
ちょっとムラムラする……そんな夜は、ぜひ自分からキスして彼を刺激してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む