可愛くモテる女性は、実はマフラーの巻き方一つとっても彼をキュンとさせてしまうもの。
冬はマフラーを頻繁に使う季節ですし、ぜひ可愛い巻き方をマスターしたいところですね。
そこで今回は、彼をキュンとさせるマフラーの巻き方についてご紹介していきたいと思います。

(1)リボン巻き

『なにその女の子らしい巻き方、惚れるだろ』(30歳/飲食)

実はマフラーの巻き方にはいろいろと種類があります。
「女性らしく可愛い」と有名なのは、やっぱりリボン巻きが定番です。
彼とのデートでは、リボン巻きでぜひ可愛らしさをアピールしてみましょう。

リボン巻きは首元でリボンを作る巻き方です。
巻き方は簡単で、基本的には十分にマフラーを余らせた状態で首元でちょうちょ結びするだけ。

リボンは崩れやすいので、こまめに形を整えられるのが理想的ですね。
ちなみにチェック柄やピンクのマフラーなどでリボン巻きをすると、さらに可愛らしくなります。

(2)スヌード巻き

『これにコート着てきたときは、まるでパリジェンヌみたいだったわ』(29歳/観光)

スヌード巻きとは、別名バック巻きとも言われる巻き方です。
後ろで結び目を作ることで、前から見た感じはスヌードのように見せることができます。

スヌード巻きは首元が高見えする効果があるため、スマートなコーデにおすすめです。
シンプルコーデもスヌード巻きをするだけで一気にスタイリッシュ感が増します。

マフラーを余らせたら前で玉結びをし、結び目を後ろに持って行きましょう。
前から見た印象を整えたら、かっこいいスヌード巻きの出来上がりです。

(3)ワンループ巻き

『シンプルザベスト。良くも悪くも違和感がない』(28歳/広告)

ワンループ巻きは、超シンプルな基本の巻き方の一つです。
マフラーの横幅を折りたたみ細くしてから首に巻き、折りたたんだ部分にマフラーの先を入れるだけ。
非常に簡単で、どんなコーデにも合わせやすいのがポイントです。

シンプルですがちょっとしたアクセントにもなりやすいので、女性らしく可愛い印象は出ます。
柄の入ったマフラーでワンループ巻きをすると、柄の主張が抑えられてちょうど良いはずです。

(4)口まで覆ってひたすらぐるぐる

『なにその可愛い姿♡口元が見たくて仕方ないぃぃぃ』(27歳/IT)

無造作にぐるぐる巻いているのも、実はかなり可愛い巻き方の一つです。
いかにも防寒!という感じが、無邪気な女性らしさをうかがわせます。

巻き方のポイントは、口も髪も丸ごと覆って巻く感じが可愛らしくて良いですね。
寒い日のデートで、カジュアルコーデをするときにはおすすめです。


彼をキュンとさせるマフラーの巻き方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
マフラーは実はその人のおしゃれ度が出るアイテムの一つ。
ぜひ可愛くかつおしゃれに巻いて、冬コーデを完璧に決めちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む