一般的にモテるファッションといえばスカートやワンピースなどのフェミニン系と言われています。
しかし、実際には「パンツスタイル」にもモテる着こなしがあるのをご存知ですか?

ポイントさえ押さえれば、女性のパンツスタイルもモテコーデに大変身するんです。

(1)ロングカーディガンを重ねて揺れ感重視

『あ、こんなところにエンジェルがいたのか』(27歳/広告)

裾が揺れて動きのあるロングカーディガンは女性らしさを演出しつつもスマートな雰囲気を出すことができます。
華やかなネックレスなどのアクセサリーとも相性が良く、アレンジしやすいのも特徴です。

ただし、スマートなパンツにロングカーディガンを重ねてしまうとオフィスのような堅苦しさが出てしまうため、きれい目なスキニーデニムなどを選ぶようにしましょう。

(2)足元はヒールがマスト

『やはり女性らしい格好といったらヒールって感じがする』(29歳/公務員)

パンツの種類によってはカジュアルな印象が強くなってしまうので足元はパンプスなどヒールが高めの靴を選びましょう。
流行りのぺたんこ靴は可愛らしい印象はありますが、スタイルが悪く見えるのでパンツスタイルとの相性が良くありません

いわゆる「抜け感」は男性からの評価は悪く、モテるファッションとは言えません。
パンツスタイルの時はボトムス以外の部分で女性らしさを強調するようにしましょう。

(3)ワイドパンツはゆるめ素材をチョイス

『ワイドパンツに関してはダボっとした感じがいい』(25歳/教員)

おしゃれなワイドパンツはパリッとした素材よりもボディラインを想像させるゆるめの素材がマストです。

ゆるめのワイドパンツならスカートと同じようにコーディネートできるので着回しがしやすくおすすめです。
また、スカートだと甘くなりすぎるフェミニンなコーディネートも、ワイドパンツに切り替えることで甘さを抑え大人っぽい雰囲気を出すことができます。

時には「モテを狙いすぎないファッション」が男性からモテるポイントです。

(4)トップスをフェミニンにしてメリハリを

『最高な色気だなぁ!!惚れ惚れするぜぇぇぇ』(29歳/アパレル)

ボトムスがパンツスタイルな分、トップスはロングサイズのニットや、タイトな素材のタートルネックなど、女性らしさが出るアイテムを選びましょう。

マニッシュなファッションは女性ウケは良いですが、男性からは「色気がない」と思われてしまいます。
パンツスタイルの良さを生かすためにもトップスとボトムスのメリハリを大切にしましょう。


いかがでしたか。
ポイントは、全体をカジュアルにしすぎずキレイ目にまとめることです。
ダメージデニムやカーゴパンツは男性ウケが良くないのでデートや合コンには避けるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)