「最近、彼との会話が弾まない……」「気になる彼ともっと話したいけど、会話が続かない!」なんていう悩みを抱えていませんか?
もしかしたらその悩みは、あなたの「聞き方」に問題があるかもしれません。

会話の「聞き役」というと簡単なイメージがありますが、会話を上手く成立させるうえで一番大切なのは、実は「聞き役」なんです。
そこで今回は、気になる彼を虜にする「相づち術」についてご紹介していきます。
これであなたも聞き上手なイイ女になっちゃいましょう!

(1)相手が会話中の時はうなずく

『うんうんって微笑みながらうなずく女の子ってめっちゃ可愛いと思う』(30歳/企画)

会話にもよりますが、男性は自分が話している時に、話をさえぎられることを嫌がります。
せっかく自分が話を組み立てて発言しているのに、その途中で腰を折られてしまうことにイライラしてしまうんですね。
なので、相手が話している時は無理にこちらから言葉を挟まないようにしましょう。

しかし、なにもしないでただ話を聞くだけでは、彼の話を聞き流しているようにも受け取られてしまいます。
そこで彼の会話中は、何度かうなずくようにしてみましょう。
「あなたの話をキチンと聞いていますよ~」というアピールをしてあげることで、彼も安心して話を続けることができるはずですよ。

(2)相手の会話がひと段落したら返答する

『話の後の反応が気持ちいいと、相性いいなぁってかんじる』(27歳/広告)

彼の話が一通り終わったり途切れたようなら、こちらから返事をしてあげましょう。
あまり深い内容の返答ではなく、「そうなんだ」「それでどうなったの?」などのように、続きを促してあげられるような言葉をかけてあげられると良いですね。

会話を上手に続けるためには、話しやすい雰囲気を聞き手側が作ってあげることも重要です。
相手を刺激せず、リラックスして話せるようなムードを作れると「聞き上手」になれますよ!

(3)相手の方に体を向けて聞く

『なんかこの子と話すとドキドキするなって思ったら、いつもこっち向いて話を聞いてくれるからだった』(28歳/美容師)

話をしている側になるとわかるかと思うのですが、「誰かにキチンと話を聞いてもらっている」という状況って、とても安心するんですよね。
逆に、「聞いてもらえてない」と感じると、聞き手に対して不信感を覚えます。

特に、会話の聞き役が話し手のいない方に体を向けてしまっていると、印象がかな~り悪くなってしまいます。
「相手の目を見て話を聞け」となんていう風にも言いますが、ずっと目を見る・見られるというのはお互いのストレスになりかねません。
なので、話し手側に体の正面を向けて話を聞くことを心がけるようにすると良いでしょう。

(4)肯定してあげることで好感度アップ

『いつも否定的なことしか言ってこない人とは話したくないよね』(31歳/IT)

会話中の返答に困ってしまった場合は、とりあえず肯定の返事をしてあげるのがオススメです。
悩みごとの相談や愚痴などは、相手にアドバイスを貰いたいというよりも、話を聞いて肯定してほしいだけなことが多いです。

そのような場合は、「大変だったね」「頑張っているね」というように、彼を労ってあげるような返答をしてあげましょう。
自分の話に肯定してくれるあなたに対し、彼は安心感と充実感を得ることでしょう。
親身になって自分の話を聞いてくれたあなたへの好感度が上がること間違いなしですね!


この記事では、彼を虜にするような「相づち術」について、4つにまとめてご紹介してきました。
聞き上手な女性は、プライベートだけでなく会社内でも重宝されるものです。
話の聞き方、相づちの仕方を工夫して、聞き上手なイイ女を目指しましょう!

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー