いつまでも「友達どまり」なんて悲しい!
今回は、「意中の彼の彼女候補になる為のコツ」を教えます!

(1)積極的にアピール

『言ってくれないと全然わからないものだよ!』(24歳/会社員)

身近な存在の中から、好きな女性を見つける男性は少なくありません。
女友達なら彼女に昇格は、充分に期待できます。

今の関係を壊したくない気持ちは解りますが、好意が伝わらない限り、相手も友達を女性として意識できません。
普段から親交があるなら、彼女になれる確率は低くないはず!

嫌いな人と友達でいる人なんて、いませんよね?
今の関係が壊れてしまうかもしれませんが、待っているだけではチャンスはやってきませんよ!

(2)彼の趣味や趣向を理解する

『共感できる趣味がある子の存在は大きい』(28歳/商品開発)

「一緒にいて楽しい」そう思えたら、嬉しいですよね。
好きな物が似ていると共感出来る事が多く、一緒にいるだけで楽しくなります。
趣味や趣向が似ているだけで、2ショットの機会が増えるもの。

全ての趣向がぴったり合う事は難しいかもしれませんが、些細な事でも構いませんので、彼の趣味・趣向を探ってみましょう。
その中でお互いの共通点を見つける事が、できたなら占めたものです。

同じジャンルの音楽が好き、同じフルーツが好き。
どんなに小さな「好き」でも構いません。
そこから話を広げて、女性の方からデートに誘っちゃいましょう。

「今度○○のイベント、○○であるんだけど一緒に行かない?」
「○○のイチゴフェアの評判良いんだよ、一緒に行きたいな」
2人に共通する話題がある事は、相手に「親近感」と「安心感」を与えます。
この2つは付き合う上で重要ですし、男性が「彼女にしたい」と思うポイントになります。

(3)一生懸命な姿を見せる

『ひたむきな姿は魅力的』(30歳/飲食)

目標に向かって頑張る人は、それだけで魅力的。
一生懸命に何かに打ち込む姿は、人を惹きつける魅力があります。
今の自分に満足せず日々の努力を重ね、常に成長し続ける女性の姿は、男性にも魅力に移ります。
趣味でも仕事でも構いませんので、何か夢中に慣れるものに没頭しましょう。
ただボーッと生きてるだけじゃ、駄目だと言う事です。

(4)女らしさを演出する

『たまにドレスアップした姿を見たときは、ドキっとするかも』(34歳/広報)

いくら彼と仲良しでも、女性として意識してもらえないなら、いつまでも「友達止まり」。
個人差はあるでしょうが、異性を感じさせない女性は女性と意識されにくく、彼女候補には上がりません。

普段からジーンズにトレーナーと、カジュアルな格好が好きな女性も多いでしょう。
しかし四六時中男性みたいな格好のままでは、いつまで経っても「女」扱いされません。
たまには女性しか着られないスカートや、ワンピース姿を見せて「私だって女なんだよ」と言うことを、教えてあげましょう。

身なりだけでは無く、振る舞いにも気を付けたいところ。
人を「お前」と呼んだり、ご飯食べる時も「飯食う」と言ったり、女性らしくない言葉遣いは御法度ですよ!
友達としてなら受け入れられると言う男性もしますが、「友達」と言う条件つき……。

言葉遣いの悪い女性を、彼女にしたいと言う声は聞いた事がありません。
彼女になりたいなら、女性らしさは不可欠です。


行動第一です!
待っていてもチャンスは訪れません。
傷つく事を恐れていたら、いつまでたっても「友達」のまま。
勇気を出して、実行しましょう。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む