失恋した直後は精神的にとてもつらいですよね。
つらさから早く抜け出したくて、あれこれと行動して気を紛らわそうとする人も多いでしょう。

しかし行動の仕方によっては、かえって元彼を引きずる気持ちが強くなってしまったり、自分自身を傷つけてしまうことにつながりかねません。
今回は、失恋したら絶対にやってはいけないことについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)周囲に元彼の悪口を言う

別れた直後は、相手の嫌なところばかりが思い起こされて腹立たしい気持ちになることも……。
そんな時は周囲に愚痴をこぼしたくなる気持ちもわかりますが、周囲に元彼の悪口ばかりを言うのは控えるべきです。
元彼の悪口ばかりを言っているあなたの姿を見ると、周囲は「彼のことをすごく引きずっているんだな……哀れな人だな」と感じるのです。

終わった関係の相手を引きずって、常に相手の悪口ばかりを言っている人よりも、気持ちを切り替えて前に進もうとしている人の方がとても魅力的に見えます。
悪口を漏らすことなく、前向きになろうとする姿を見せれば、周囲から新しい素敵な男性を紹介してもらえることもあるかもしれませんね。

(2)元彼のSNSを密かにチェックする

別れてすぐに気持ちを切り替えるのはとても難しいことです。
そのためついつい元彼の動向が気になってしまい、元彼のSNSをチェックしてしまう人も多いでしょう。

しかし元彼の動向をSNSでチェックしてばかりいると、元彼のことが気になりすぎてしまい、気持ちを切り替えて前に進むことがさらに難しくなってしまうのです。
早く気持ちを切り替えて前に進みたいのであれば、元彼にこだわり過ぎるのはやめるべきです。

(3)元彼と友達になろうとする

大好きになった相手だからこそ、別れても友達でいたいと感じることもあるでしょう。
しかし別れた直後にすぐに友達になろうとするのはやめるべきです。

別れた直後は、まだお互いのことを完全に「友達」として割り切るのが難しいため、寂しさから元彼といけない関係を持ってしまい、ズルズルと離れられなくなってしまうこともあります。
別れた元彼と友達になりたいのであれば、一旦は距離を置いて自分の気持ちを切り替え、完全に気持ちが吹っ切れてからにするべきです。

(4)平気なふりをする

周囲に対して悲しむ様子を全く見せずに平気なふりをするのもやめるべきです。
悲しい気持ちを誰にも話すことができず、自分の中で我慢してしまうと、いつまでもその気持ちを消化することができずに暗い気持ちが残り続けてしまいます
悲しい時はしっかり泣いて、しっかり悲しむこともとても重要なのです。

別れた直後は悲しい気持ちを誰かに話すだけでも、気持ちが少しは軽くなるはずです。
つらい気持ちを一人で抱え込んで平気なふりをするのではなく、まずはたくさん泣いてから、気持ちを前向きに転換させていきましょう。


いかがでしたか。
今回は、失恋したら絶対にやってはいけないことについてご紹介しました。

つらい失恋を乗り越えれば、きっと次の素敵な恋が待っています。
悲しい気持ちを乗り越える努力をして、新しい未来に目を向けていきましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む