彼の家をはじめて訪れる時はとてもドキドキしますよね。

しかし彼の家での振る舞い方のせいで、彼に幻滅されてしまうことがあるということを忘れてはいけません。
今回は、男性が「もう呼びたくない……」と感じる彼の家でのNG行動についてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

(1)ダラダラしすぎる

『自宅じゃないんだからさ……、もうちょっときちんとしようよ』(29歳/不動産)

彼の家に行った時に、リラックスしすぎて自分の家のように過ごすのはやめたほうがいいでしょう。

リラックスしすぎて足を開いて座ったり、ずっとテレビを見ていたりなどだらしなく過ごすと、外で過ごしている時とのギャップに彼は引いてしまうかもしれません。

緊張しすぎる必要はありませんが、彼の家の中でもきちんと女性らしく過ごすことを忘れないようにしてください。

(2)家の掃除をする

『はじめて来たのにすることが掃除?いくら親密でもそれはちょっと……』(32歳/営業)

彼の家に行った時は、家事能力の高さを彼にアピールしたいと思う人もいるかもしれません。
しかし勝手に家の中を掃除するのは、かえって迷惑になってしまいます。

また掃除ばかりにこだわるそぶりを見せてしまうと、「母親かよ」と彼は幻滅してしまうのです。

彼の家に訪れた時は、あれこれと勝手に振る舞うのではなく、彼のテリトリーであるということを尊重するようにしてください。

(3)持ち物を勝手に見る

『一言言ってくれればいくらでも見せるのに、勝手に見るなんて常識なさすぎ』(31歳/企画)

彼の卒業アルバムなど、彼の家には過去の思い出のものがたくさんあります。
彼の過去を知りたいと思う気持ちはわかりますが、勝手に彼の持ち物を見るのはやめましょう。
勝手に持ち物を漁ったり見たりすると、デリカシーのなさに彼はうんざりするはずです。

卒業アルバムなどを見たい時は、必ず彼に確認してから見せてもらうようにしましょう。

(4)自分のものを置いていく

『マーキング?図々しいなぁ』(30歳/SE)

彼の部屋に自分の持ち物を置くことは、半同棲しているかのような気分を味わうことができて憧れるという女性も多いかもしれません。

しかし男性によっては、自分のテリトリーに侵入されたように感じて嫌な気分になることもあるようです。
彼の部屋に化粧水や歯ブラシなどを勝手に置いていくのはやめましょう。

彼に置いていいかどうかを確認してから持ち物を置いていくようにしてください。


いかがでしたでしたか。

今回は男性が「もう呼びたくない……」とかんじ彼の家でのNG行動についてご紹介しました。
彼の家にはじめていく時は、彼に幻滅されてしまうことのないように振る舞いに注意してくださいね。

(恋愛jp編集部)