気になる彼のハートをゲットしたい女性必見!
今回は、モテモテな女性が活用している恋のLINE駆け引きテクを大公開していきます。

(1)すぐに返信しない

『簡単に落ちる女性はつまらない』(27歳/金融)

大好きな人からLINEがきたら、一目散に既読して返信をしたくなりますよね。
しかし、LINEの返信がすぐにくる女性は「自分に好意を寄せてくれている」という安心感を男性に芽生えさせます。

そうなってしまうと都合の良い女性として認識されたり、「追わなくてもくるだろう」と高を括られたりしがちです。
そのため、気になる人からきたLINEは、間を空けて返信をすると良いでしょう。

簡単には手に入らなそうな雰囲気こそ、男性の闘争心を高ぶらせるのです。
しかし、あまりにも毎回待たせてしまうとそのままフェートアウトしてしまう可能性があるので注意しましょう。

(2)簡単に愛情表現はしない

『たまに言われるからこそキュンとしますね』(26歳/IT)

好きな人には「好き」「会いたい」などといった言葉で、ガンガンアプローチをしたいと考える肉食系の女性も多いのではないでしょうか。
もちろん、そんな女性の強引さに心惹かれる男性もいます。

しかし、特別な言葉でも多用してしまうと慣れが生じてしまうので要注意。
滅多にそんなことを言わないからこそ、特別な言葉は相手をドキドキさせるのです。
特別な言葉はここぞという時だけにして、彼の心を揺さぶりましょう。

(3)スタンプを上手に活用

『甘えてくれてるんだなと思って返しちゃう』(28歳/エンジニア)

既読スルーに対して返事を催促したり、寂しいという気持ちを言葉で表したりすると「面倒くさい」と捉えられてしまうことがあります。
しかし、可愛いスタンプで上手にあなたの気持ちを伝えれば、話は別です。

「言葉にしたら鬱陶しいかな?」と思うときこそスタンプの出番!
時にはスタンプであなたの気持ちをストレートに表現して、彼を翻弄しちゃいましょう。

(4)思わせぶりな内容

『あれ、もしかして俺のこと好き?って思うと、つい早く返事したくなる』(25歳/営業)

「好きな人いるの?」「好きなタイプはどんな人?」なんて異性に尋ねられたら、ドキドキしますよね。

「ひょっとして自分のことを……」と思うギリギリのラインを攻めていけば、相手は意識せざるを得ません。

彼が「なんで?」と興味を示してきたら、「なんとなく気になったから」と焦らすのも良いでしょう。
時にはすぐに話を変えて彼に意地悪をするのもGood

掴めそうで掴めない女性を演出して、彼を夢中にさせちゃいましょう。


文字で感情を表現するのは意外と難しいですよね。
なかなか相手に自分の気持ちが伝わらず、やきもきしたことがある人も多いでしょう。
しかし、LINEはメッセージの内容をじっくりと考える時間があります。

そのため、上手に駆け引きをするチャンスがたくさん眠っているのです。
焦らずゆっくりと彼を翻弄するような内容を考えて、駆け引き上手なモテ女性を目指しましょう!

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む