今回は、男性を興奮の渦に包む喘ぎ声をピックアップしました。
一体、どのような喘ぎ声で男性は興奮するのか、さっそく気になる詳細をチェックしていきましょう。

(1)必死に声を堪える

『堪えている表情がたまらなく可愛い』(25歳/IT)

感じたままに声を出すのも良いですが、声を出しすぎてしまうと演技感が強いので要注意。
大きい喘ぎ声よりも必死に堪えているのに漏れてしまう小さな喘ぎ声の方が、本気で感じているように見えます。
時々漏れてくる可愛い声に男性は興奮するので、口元で手をおさえるなどの演出をプラスしてさらにムードを高めていきましょう。

どうしても恥ずかしい場合は、枕で顔を隠して声を抑えるのもGood
男性は、どうしても声を出したくない女性の姿を見て興奮を覚えるS気質のある人が多いからです。
そんな可愛らしい仕草を見せれば、彼はさらにあなたのことを求めてくるかもしれませんね。

(2)「気持ちいい」という言葉を挟む

『ストレートに「気持ちいい」って言われると嬉しい』(31歳/飲食)

「あっ」「んっ」といった定番の喘ぎ声ばかりでは、男性を心から満足させることはできません。
本当に気持ちいいのか分からないと、男性は行為中にも関わらずモヤモヤした気持ちを抱えこむことになります。

行為に集中できなかったら、せっかく盛り上がっていたムードも冷え切ってしまう恐れもあるでしょう。
そこで実践したいのが、「気持ちいい」という言葉を使うことです。

女性がエッチの最中に気持ちいいという言葉を使う時は、本当に感じているからこそ発せられる言葉。
実は男性は、この言葉を待ちわびている人が非常に多くいます。
たまには気持ちいいことをストレートに伝えて、エッチを盛り上げましょう。

(3)彼の名前を言う

『名前呼ぶのは反則だよ♡』(30歳/公務員)

エッチの最中に名前を言われて嬉しくない男性はいません。
「興奮する」「自分を求めてくれている」といった喜びの声がその証拠を裏付けています。
耳元で彼の名前をささやきながら喘ぐ姿も男性から大好評となっているので、恥ずかしい人は耳打ちで実践してみましょう。

(4)「もっと」とせがむ

『そんな可愛くおねだりしないでよ』(26歳/サービス業)

彼の興奮を最高潮に高めたい人は、行為中に「もっと」とおねだりしましょう
エッチに積極的な女性の姿を見れば、男性は歯止めが効かなくなってしまこと間違いなし!

甘い喘ぎ声で求められれば、尚更理性を保つことは難しくなるでしょう。
いつも男性のペースに合わせている人は、ちょっぴり大胆にせがんで男性の性欲をコントロールしましょう。


喘ぎ方を1つ変えるだけで、男性の興奮は最高潮に達します。
今回の例を参考にして、自分が実践できそうな喘ぎ声を取り入れて彼との濃密な時間を満喫しましょう。

(恋愛jp編集部)