彼とのセックスに不満があっても、なかなか直接伝えられないですよね。
我慢して感じているフリをしている人もいると思います。
しかしそのままでは、セックスレスの原因になってしまうかも……

そこで今回は、彼にセックスの不満を上手に伝える方法を、紹介していきます。

(1)喘ぎ声や反応で教える

『反応がないとドコが感じるのかわからない』(28歳/歯科医)

女性が男性の体が分からないように、男性が女性の体が分からなくて当然。
しかも性感帯は個人差があるので、感じる部分を探すのは手探り状態です。
不満があっても感じているフリをすれば、男性は気持ちイイと勘違いしてしまうもの。

本当に感じる部分や気持ちイイ場合は、喘ぎ声や反応で彼に伝えるようにしましょう。
そして感じない部分は少し押さえるようにします。
そうすれば、どこが一番感じるのか、男性に伝わりやすいもの。

感じさせてくれたら、「すごくイイ」や「気持ちイイ」など言葉で伝えるのも良いですね。
少しオーバーなくらいに褒めて、感じるところを覚えてもらいましょう。

(2)自ら誘導する

『感じてきたら羞恥心は捨てて積極的に感じるトコを教えて欲しい』(31歳/映像)

セックス中に、感じる部分を教えてあげる方法。
それは、彼の手を感じるところに誘導したり、好きな体位へもっていったりすること。
この時、「こっちも触って欲しい」や「こっちのほうが感じるの」などと伝えてみましょう。

もちろん「そこじゃない」や「感じない」などの発言はNG。
そこもイイけど、こっちのほうがもっと気持ちイイというニュアンスの言葉で誘導します。

男性はセックス中、女性にもっと気持ち良くなって欲しいと思っています。
その気持ちを上手にくすぐってあげることが大事です。

(3)ポジティブな言葉を選ぶ

『手マンしてたら急に痛いって怒られた時は悲しかったな』(26歳/金融)

伝える時の言葉はとても重要で、男性のプライドを傷つけないようにすることが大事。
不満を直接ぶつけられると、自信を失うもの。
そこで、伝える時はポジティブな言葉に変換してみましょう。

「気持ちイイ」や「感じる」などに変換すると伝えやすくなります。
例えば、ポイントが違う場合は「こっちのほうが気持ちイイ」、また強すぎて痛い場合は「ソフトなほうが感じる」など。

否定するのではなく、ポジティブな言葉で要望を伝えるようにしましょう。

(4)ムードが盛り上がっている時に伝える

『69しよって言われた時は燃えたな〜』(25歳/飲食)

セックス中に上手に伝えられないならば、セックス前のムードが盛り上がっている時に伝えてみましょう。
例えば、「今日は優しく(激しく)して欲しいな」や、「○○してみない?」など。
セックスの内容に不満があるのなら、セックス前に伝えることが効果的

また、「今日は私が気持ち良くしてあげるね」と言って、主導権を握っても良いですね。
主導権を握れば、して欲しい要望も伝えやすくなるもの。

この時も、甘えるようにソフトに伝えることが大事。
そして、要望や提案通りにしてくれたら、嬉しいことや気持ちイイことをきちんと伝えるようにしましょう。


セックスは、どちらかが我慢している状態では、セックスレスの原因にもなります。
コミュニケーションが大事なので、不満は上手に伝えるようにしましょう。
2人がもっと感じあえるようになれば、愛を深めることにも繋がりますよ。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む