セックスでイったことがないけれど、彼に悪いからと演技していませんか?
彼に演技がバレない限り、彼はずっと気持ちイイセックスをしていると勘違いしていますよ。
そのままでは、ずっと演技をし続けなければいけません。

そこで今回は、セックスが気持ちよくなる方法を紹介していきます。

(1)自分の体を知る

セックスで気持ちよくなるためには、まず自分が気持ちよいところを知る必要があります。
自分の体が分からなければ、気持ちよいポイントも分かりませんよね。

まずは一人エッチで、自分がどのようにしたら感じるのか、そしてイクことができるかを知っておきましょう。
例えば、クリイキしかできないのならば、挿入時に彼にクリを刺激してもらえばもっと気持ちよくなります。

そして、彼とのエッチの時も、自分の性感帯を開発してもらいましょう。
自分で触っても気持ちよいと感じない場所も、彼から触られると気持ちよいところがあります。
自分の体に向き合うことが、気持ちよいセックスの第一歩です。

(2)自分の体を開発する

最初は、イク感じや気持ちよい感じが掴めないことが多いはず。
そこで、自分の体を開発して、感度を磨く方法。

一人エッチの時に、まずはクリでイケる感覚を磨きます。
クリイキできるようになれば、今度は中イキできるように開発。

バイブなどのオモチャを使っても良いですね。
オモチャに抵抗があるのならば、まずはGスポットを開発していきましょう。
イケなくても、そこが気持ちイイ感覚を掴むと良いですよ。

(3)気持ちよいところを彼に知ってもらう

これまで演技をしてきたのならば、彼は見当違いな愛撫をしている可能性があります。
それは、感じていない部分でも、あなたが喘ぎ声などを出して、そこが気持ちよいと勘違いさせていたから。

きちんと彼に気持ちよい場所を知ってもらう必要があります。
気持ちよい場所では、「そこ気持ちイイ」や「感じる」など言葉で伝えたり、大きめの喘ぎ声を出したりします。
そして、感じない部分では演技をしないこと。

男性は、女性をもっと感じさせたいと思っているので、感じる部分をより多く愛撫します。
「こっちも触って欲しい」など、彼を誘導してもOKですよ。

(4)セックスに集中する

そして一番大事なことは、セックスに集中するということ。
女性は体だけではなく、心でも感度が左右されます

例えば、「可愛い声を出さなくちゃ」「感じていないけど喘ぎ声を出さないと」、「お腹出てないかな」など集中できないと感度は下がります。
一度集中が切れてしまうと、テンションを戻すために時間が掛かるもの。

とりあえずは気にせず、自分の世界に集中してみましょう。
彼と感じる部分だけに集中することが大事。


演技を続ければ、彼にはずっと感じるポイントを伝えることができません。
気持ちよいセックスができないまま、また演技をするという悪循環。
彼とのセックスが苦痛になる前に、感じる方法を試してみて下さいね。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む