LINEは気軽にメッセージを送れるので、「束縛されてる?」と感じることもあるでしょう。
自分の気持ちを抑えられずにLINEしすぎると、相手は引いてしまうかもしれません。
LINEで束縛を感じる瞬間を男女別にご紹介します。

(1)【女性の場合】「今どこ?誰と一緒?」

仕事帰りに同僚や友人と食事して帰ることもありますよね。
しかしLINEの返信が遅くなると「今どこ?誰と一緒にいる?」と聞いてくる男性もいます。
毎回彼氏から何をしているか確認するLINEがくると、落ち着きません。

彼氏のことが好きだとしても、友達との自由な時間も大事ですよね。
嫉妬深い男性だと、女友達と一緒と言っても「男と一緒じゃないの?」と疑います。
いつも行動を把握しておかなくては気がすまない彼氏のLINEには、束縛を感じてしまいます。

(2)【女性の場合】女友達との約束に「自分を優先しろ」

彼氏からLINEで「日曜日に会おう」と言われても、すでに女友達と約束をしているときもありますよね。
そんなときでも「自分を優先しろ」という男性もいます。

彼氏とも会いたいけれど、女友達と過ごす時間もホッとするひととき
情報交換をしたり、愚痴をこぼしたりして、女同士ならではの楽しみがあります。

常に自分を優先させたがる彼氏には、束縛されているように感じますよね。
このような男性と付き合うと、友達もだんだん減ってしまいます

(3)【男性の場合】彼女が常に既読チェック

LINEの返事がなかなかこないとき、未読のままならLINEに気づいていないのかな?と思えます。
しかし既読がついたのに返事がこないというのが許せない女性もいます。

仕事中や忙しいときなど、一応は見たけれど返事は後回しにするってことありますよね。
そのことが理解できず、既読したらすぐに返信するのが当たり前という女性は、「早く返事して」と責めてしまいます。

既読がついたか頻繁にチェックされ、早く返信するように催促する彼女に対して、男性は束縛されていると感じてしまいます。

(4)【男性の場合】毎日予定を聞いてくる

彼氏の予定を把握しておかないと気がすまないという女性もいます。
「今日は何時に帰るの?」「誰と食事に行くの?」と毎日LINEで予定を聞くので、男性は束縛されているように感じます。

何から何まで知りたがる彼女はまるで監視しているみたい
行動をすべて把握されると、彼氏は窮屈に感じてしまいます。


いかがでしたか?

LINEは気軽にメッセージをやりとりできるので、つい束縛するようなことになってしまう場合があります。
束縛は2人の仲を壊しかねないので、くれぐれも注意しておきたいですね。

 (恋愛jp編集部)