男子はふわっとした雰囲気の癒し系女子を求めています。
せっかく彼女ができて幸せな日々を過ごすなら、疲れる女子はごめんなさい。
こんな女とは一緒にいたくないんだ!と男子が思っている女子の特徴を見ていきましょう。

(1)怒りっぽい女子

『すぐ怒る子は嫌だな。せっかくの楽しい気分も台無しになる』(29歳/企画)

自分の思い通りにならなかったからといって怒る女子はただのおこちゃま
彼はその日一日を楽しく過ごしたいと思っているので、なだめてくれます。
でも心中は「勘弁してよ!もう帰りたい……」

平気でデートの雰囲気を壊せちゃう女子はそのうち振られると思っておいたほうがいい。
彼に気をつかわせちゃうなんてもってのほかです。

男子は女子と楽しく過ごすことで日ごろの疲れを癒したいと思っていることを知っておきましょう。

(2)物事を深刻にとらえる女子

『冗談も言えないのは面倒くさいし疲れる』(31歳/営業)

仕事でしてしまったミスから冗談まで何でも深刻に考える女子がいます。
自分の中で処理できるならまだしも、冗談を真に受けて落ち込む人もいますよね。

仕事のミスは誰でも多少ダメージがあります。
そのミスを糧にして成長していくのですからいわば成長のチャンスであるわけです。

深刻にとらえすぎる女子はミスを必要以上に怖がるのでミスを繰り返す可能性が高い。
落ち込んで反省して切り替え、同じミスをしないようにすることが大切です。

厄介なのは冗談が通じないところ
男子はふざけることが好きな人が多いので冗談をいうことも多々あるでしょう。

それをいちいち真に受けて反応していては男子に面倒くさい女認定をされてしまいます。
常識の範囲内に限りますが、何も気遣わずに何でも楽しく話せる関係が理想。
いちいち女子の反応をみて、気遣いながら話さないといけないのは疲れます。

(3)自分の話が大好きな女子

『そんなにずっと自分の話ばっかりされても……そこまで興味はないです』(33歳/コンサル)

男子は女子の話を聞くために会っているのではありません。
ひたすら自分の話だけをしている人はただの自己満足です。
これでは男子への好意はまったく伝わりません

それに話すより聞くほうがエネルギーを消耗します。
興味がある話ならまだいいですが、興味がない場合は最悪ですよね。

話している相手のことが気になるのであれば聞く側にまわることです。
知りたいことを質問し、適度に女子も話す。
男子の話してくれたことに絡めて、関連の話をしてもいいでしょう。

基本的には聞き側に徹すべきです。
そのほうが相手に興味があることも伝わります。

(4)彼氏に依存しすぎる女子

『俺以外他に何もないの?正直重いよ』(29歳/アパレル)

男子は友達や仕事や彼女、一人、趣味など、どの時間も等しく大切にします。
心情的に何ひとつ同じ時間がないからでしょう。

仕事は緊張感、友達とはふざけられたり、彼女は落ち着くなど…。
そのどれ一つも欠けてはならないのです。

それを理解できない女子は、どんなときにも一緒にいようとしがち
彼にも彼女以外の大切な時間があることを理解することが大切です。
一番も二番もない、それぞれ大切な時間です。

その彼に対して妬いたり、怒ったりするべきではないし、その時間を奪う権利もない
ペースを乱してくる癒されない彼女は男子には必要ありません。
疲れさせて捨てられちゃいますよ。


もう一緒にいたくない!と思われないように、癒し系女子になりましょう。
彼を癒して仕事の疲れも吹き飛ばす、愛され女子になるのです。
ずっと一緒にいたいと思ってもらえるように彼女の役割をしっかり果たしましょうね。

(恋愛jp編集部)