大好きな彼とのキス……せっかくなら上手だなと思われたいですよね。
今回は、キスが上手な女性の特徴を大公開していきます。

(1)キスがワンパターンではない

『そのときに合ったキスをしてほしい』(29歳/広報)

一言でキスといっても、キスには何種類かのパターンがあります。
軽いタイプのライトキスや激しく求めあうディープキスなど、キスのやり方一つで感情を表現することも可能。

様々なタイプのキスが応用できれば、男性の興奮は自然と高めることも期待できます。
彼の興奮をもっと高めたい人は、この機会に色々なタイプのキスに挑戦していきましょう。

(2)表情作りに長けている

『表情がコロコロ変わる子は可愛い』(23歳/ライター)

表情作りも、キスの上手さを引き立たせる最高のスパイスに。
キスの後に少しはにかんでみせたり、うっとりした目をしたりすれば男性はドキドキを抑えることができなくなるでしょう。
なかには「恥ずかしく表情作りにまで意識が回らない」という人もいるかもしれませんね。

しかし、キスの後の表情は自然だからこそ効果を発揮
むしろ、その恥ずかしいという気持ちさえあれば男性を喜ばせることは十分に可能です。
あくまで自然体を意識してキスの時間を堪能しましょう。

(3)キスのテンポを合わせることができる

『キスもコミュニケーションだから、コミュニケーション能力が長けてる子は上手いかもね』(30歳/商社)

受け身なキスやガツガツしたキスを繰り広げていませんか?
キスはテンポがとても大切!
一方的な行動を取ると、相手の気持ちを高ぶらせることが難しくなってしまうので注意が必要です。

逆に上手にお互いのタイミングを見計らってキスができれば、男性に「相性が良い」と思わせることができます。
ベストなテンポを見つけて、2人の愛情を上手に育んでいきましょう。

(4)吐息が漏れる

『セクシーでいい!』(24歳/アパレル)

キスで思わず苦しくなって吐息が漏れてしまう……女性からすると恥ずかしいと思われるこの仕草は、実は男性の大好物です。
一見、キスに不慣れな感じを匂わせますが「もっとしたくなる」「興奮が抑えれなくなる」と男性陣から大好評。
こういった男性のテンションを上手に掻き立てるテクニックも、キスが上手と思われる要素に含まれているのかもしれませんね。


男性にキスが上手と思われる瞬間は、経験がものをいう場合もあれば逆に初々しさが勝る場合もあります。
今回の紹介例を参考に自分なりのキスの盛り上げ方を把握して、大好きな彼と今以上にラブラブな関係を築き上げていきましょう。

(恋愛jp編集部)