冬のファッション、「どうせコートは脱がないからいいや」等と油断していませんか?
男性は意外と女性の細かい部分まで見ています。
気になる彼から「手抜きしてるな」と思われないためにしっかりチェックしてくださいね。

今回テーマは、男性に手抜きだと思われる「冬のデート服」です。

(1)タイツやニットに毛玉がついている

『1個2個なら何とも思わないけど、びっしり毛玉が付いてたら引くな~』(28歳/福祉)

厚手のタイツやニットで注意したいのが「毛玉」です。
毛玉のついた服はみすぼらしく、不潔な印象があります。

見えている部分は自分でも気が付きますが、油断しがちなのが爪先や内腿、袖
ブーツを脱いだら爪先が毛玉だらけなんてことになっていたら彼から幻滅されてしまいます

気を抜いていると、デート中予想外に靴を脱ぐシーンがあったりに恥ずかしい思いをすることになりますよ!

(2)インナーが見えている

『どうしてもオバチャン臭さがいなめない(笑)』(22歳/会社員)

デートといえども防寒対策は大切。
とはいえ、トップスの襟元からインナーがチラ見えしていてはいけません。

さらに気を付けたいのがお腹周りです。
トップスの裾からおへそがチラ見えするはずの部分から、腹巻やタイツのウエスト部分が見えてしまっては台無し。

うっかり見えてもインナーに見えないデザインを選んだり、防寒対策は発熱インナーに頼りましょう。

(3)同じコートばかり着ている

『同じ格好ばかりだと、彼女に対しての新鮮味がなくなりそう』(24歳/美容師)

使いやすいデザインやせっかく買ったトレンドのコート、どんどん着たいもの。
とはいえ同じコートばかり着ていては男性から手抜きだと思われてしまいます。

同じコートでもストールやマフラーを工夫することで印象を変えられます。
積極的にアレンジしていきましょう。

(4)いつもパンツスタイルばかり

『たまにはスカート姿見たいよね』(27歳/宣伝)

ジーンズなどのパンツスタイルは足元が温かくスタイリッシュで素敵ですよね。
しかし、あまりパンツスタイルが続くのも考えもの

特に、男性にとって女性のジーンズスタイルはデート服ではなく普段着だと思っています。
どうしても手抜きのイメージが強くなるのでハイキングやスポーツ等のアクティブなデートではないのならジーンズは避けたほうが良いでしょう。

パンツスタイルが好きでも、時にはワンピースやスカートを織り交ぜるなど寒さに負けずに女性らしいファッションを取り入れるようにしましょう。


いかがでしたか?
防寒を重視しすぎるあまりついおしゃれを手抜きがちな冬ですがデートふくは手を抜いてはいけません。
防寒もおしゃれも両立させて暖かいデートを楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)