大人のモテLINEテクを身に付けたい女性必見!
今回は男性が思わず心惹かれてしまう、大人な魅力満載なLINEを大公開していきます。

(1)相手が関心のある内容を送る

『やっぱ、聞き上手な女の子がいい』(32歳/塾講師)

自分の話したいことだけをペラペラとしゃべるのは子どもっぽさが浮き彫りになってしまいます。
モテLINEは相手が関心のある話題を自然と持ち出し、「もっとこの人と話したい」と相手に思わせるように仕向けるのがポイント。

彼の趣味の話や好きなものを筆頭にトークを展開して、彼のテンションを上手に上昇させていきましょう。

(2)労いの言葉を送る

『優しい人なんだなって、めちゃくちゃ好印象!』(26歳/飲食)

相手を労う言葉をしっかりと活用できる女性はモテます。
「○○さんのおかげで助かりました」「遠いのにありがとう」などといった言葉は惜しげもなく使いましょう

難しい場合は「遅くまでお疲れ様」といった基本的な言葉でもOKです。
わざわざ言わなくても伝わるだろう……という言葉こそ、伝えられた側は嬉しいもの。
労いの言葉を忘れずに使って男性の心を射止めましょう。

(3)短文で済ませる

『長文って、なんか嫌な予感しかしなくて怖いんだよね(笑)』(30歳/金融)

彼の気を引きたいからといって長文LINEを送るのはNGです。
LINEは短文で済ませるからこそ気軽にできるもの。
ダラダラと文字で画面を覆い尽くしている内容は、読み手を飽きさせてしまいます。

また、長文は自分の考えがまとまっていない内容が多く、読み手側を疲れさせてしまうことも……。
自分が伝えたい気持ちはしっかりと整理して、簡潔に述べるようにしましょう。

(4)上手にLINEを終わらせる

『さっぱりしてる子は、楽』(25歳/映像)

好きな人とはいつまでもLINEをしていたいという気持ちは分かります。
しかし、終わりのないLINEは「面倒くさい」と男性に不人気。
そのため、何通かやり取りをしたらこちらから切り上げるのが吉です。

「もう寝るね」「出かけてくるね」といった内容は一見突き放しているようにも見えますが、程良いやり取り数だからこそ「またしたい」と思うもの。
こちらから終わらせるのは勇気もいるでしょうが、大人な女性は引き際をわきまえています

相手に合わせるばかりではなく自分のペースも大切にして、お互い無理のない距離間を保ちましょう。


大人な女性は余裕を持った言動を心得ています。
ガツガツと自分の気持ちを押し付けるのではなく、自然と自分の良さを引き出せるように努めましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む