冬は寒くってどんどん着こんじゃいますよね。
でももしかしたら、着こむ枚数が多すぎて「デブ見え」しちゃってるかも……。
本当は太ってないのに、気になるあの人からデブ認定されたらいやですよね?

そこで今回は男に勘違いされやすい「デブ見えファッション」についてご紹介します。

(1)ロングコートにモコモコマフラー

『なんかすっげぇ寒そうだなって思うよね』(24歳/企画)

ロングコートにモコモコなマフラーを着こめば確かに、寒さを回避できますよね。
でもこれ実は「デブ見えファッション」になっちゃってるんです。

ロングコートを羽織っているうえに首元がモコモコのマフラーで隠されてるため、全体的にずんぐりむっくりな印象。
首元を露出した方がすっきりとした大人の女性という印象を与えられそうです。

もしマフラーをするとしても、モコモコなタイプは避けた方がベター。
「着こみすぎて太く見えるな」と第一印象で思われてしまいます。

(2)暖色系のコーデ

『着膨れする色だよね……』(24歳/事務)

冬の外は寒い!
だからこそ温かみのある色の服を羽織りたくなっちゃいますよね。
でも実はオレンジや黄色といった暖色は膨張色なんです。

つまり、元の大きさよりも大きく見られちゃいます!
オレンジや黄色など暖色系のコーデでデートに行くと「太った?」なんて思われちゃうかもですね。

逆に青や緑、ネイビーなどの寒色は収縮色と呼ばれています。
つまり、寒色系のコーデでデートに向かえば着痩せ効果を狙えちゃうかも!

(3)ダウンジャケットを用いたコーデ

『スタイルがわかんなくなる!』(26歳/塾講師)

ダウンジャケットはまさに寒い冬には欠かせないアイテムですよね。
モコモコしていて、とても暖かいダウンジャケットですが……。
「そのモコモコで逆に着太りしちゃうの!」と考える方は多いのではないでしょうか。

たしかに多くの男性の目にダウンジャケットは「デブ見えファッション」として映っていそうです。

しかし、腰ベルトをつけてあげたり、ショート丈のダウンを選ぶといったちょっとした工夫で、「デブ見え」の問題を解決できそうですよ!

(4)ニットとチノロングスカート

『なんか圧迫感があるな(笑)』(22歳/ダンサー)

冬になるとゆったりとした服が着たくなるもの。
ついつい、ニットにチノロングスカートを合わせてないですか?

これでは上下ともにサイズ感が大きいのでズドンとした印象を与えてしまいます。
「デブ見え」確実のファッションなので、これ以外にも上下大き目なサイズを合わせるのは要注意ですよ!


男に勘違いされやすい「デブ見えファッション」について紹介しましたが、いかがでしたか?

意外と男性は女性のファッションをチェックしているもの。
「デブ見えファッション」をさけて冬でもおしゃれに楽しく過ごしちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)