冬はとても寒いので、ついつい着込みがち。
でも、あまりにも考えずに着込んでしまうといつの間にかおばさん見えに……!!
プラス10歳に見えてしまう、冬の老け見えNGファッションについてご紹介します。

参考にしてみてください。

(1)ロングダウンの前閉め

『典型的なおばさんコーデですよね。あったかいんだろうけど、ちょっと引くわ(笑)』(30歳/広告)

ロングダウンは冬の定番ですよね。
気軽に着られるし、パっと外出る時つい着ていっちゃいます。
でも、実はそれおばさん見えの冬NGファッションなんです……!!

特に前をきっちり閉めきってしまうと、途端にプラス10歳してしまいます。
ラフに前を閉めずに着こなしてみると、おばさん見えせずにある程度オシャレ見えします。
ただ40歳ぐらいを超えてくると、どんなにオシャレに着ようとしてもロングダウンというのは、どうしてもプラス10歳させるアイテムになりがちです。

(2)ワイドパンツ×カラートップス

『なんか痛々しい。若作り必死だなぁって思うよね。てか色が冬っぽくない……まぶしすぎる』(26歳/公務員)

若い子を意識して、SNSで取り上げられているようなワイドパンツを使ったコーデはどうしてもおばさん見えしてしまいがちです。
おばさん見えしなくても、男性からは「必死だなぁ……」と思われてしまいます。
ワイドパンツ×スニーカーなどといったコーデは若いころで卒業することがオススメ。

カラートップスも同じように若作りに必死だなと思われてしまいます。
特に赤や黄色といった視覚的にチカチカするものがそう見えてしまいます。
まぶしいわボケ……!!という声がチラホラ……。

(3)生足スカート

『冬だよ?寒くねぇの?ちょっと無理しすぎだよ』(23歳/学生)

これも典型的な若作り。
男性からしてみれば冬の生足なんて、高校生ぐらいまでと思っています。
いいオトナが冬にまで寒そうな生足を露出しているのは、逆にみっともないです。

冬の季節感のない若作りはNGですよ。

(4)花柄コーデ

『おばさんコーデの定番ってトラと花柄ってマジ?』(30歳/飲食)

花柄……おばさん見えします。
例えば紫の下地に花柄の模様があったりするワンピースとかでデートに来られたらたまったもんじゃありません。
それで寒いからと上にロングコートなんか着てこられたら……。

男性は多分その場で卒倒してしまいます。
これがおばさん見えというやつか……と。
花柄は全身にちりばめたりしないことをお勧めします。


いかがでしたか?
今回は冬のおばさん見えNGコーデについてご紹介しました。
特にロングダウンの前閉めはおばさんならでは。

男性に老けた……?なんて思われないように気を付けましょう。

(恋愛jp編集部)