LINEは自分の魅力をアピールするチャンス!
気になる男性へのLINEは好感度を高くして、彼の気持ちを自分に向けましょう。
男性がLINEで思わず「この子いいな」と感じる瞬間4選をご紹介します。

(1)共感してくれる

『文字だけだからこそ、どんなことでも明るく返してくれる子はいい子だなって思う』(27歳/医師)

男性とのLINEでは、女性にとってあまり興味がない話題になることもあります。
正直言って「つまらない」と思っても、「ふーん」と興味なさそうな返事で終わらせたり、「ところで」といきなり話題を変えたりするのはNG。

自分には関心がないことでも、彼にとっては楽しい話題です。
こんなときにちゃんとした受け答えができる女性なら好感度アップするでしょう。
「おもしろそう」「今度教えて」など共感することで、「いい子だな」「もっと話したいな」と思ってもらえます。

(2)気遣ってくれる

『「毎日遅くまで大変だね、お風呂であったまってね」ってLINE見たときめっちゃ癒された』(29歳/販売)

自分の話ばかりする女性よりも、体調などを気遣ってくれる女性の方が男性にとっては素敵な存在と言えます。
「お疲れさま」「最近忙しそうだけど疲れてない?」など、体調を気遣ってくれると男性は「彼女っていい子だな」と思ってくれるでしょう。

誘うにしても、彼の都合を考えずに会いたがるより、「仕事が落ち着いたらご飯行こうね」と誘う方が好感度大。
気遣いができる女性はモテます。

(3)家庭的

『いつもちゃんと手料理作ってて、しかも見た目も美味しそうで、一緒に住んだらこんなかなって妄想しちゃいました(笑)』(27歳/商社)

LINEでは、さりげなく家庭的な面をアピールすることができます。
「今日は〇〇を作ったよ」など、料理上手なところをアピールしてみましょう。
男性にとって、料理が上手な女性は魅力的です。

彼女と付き合ったら「おいしい手料理を食べさせてもらえそう」という期待が膨らむでしょう。
家庭的な女性なら、将来のことまで考えられます
「彼女いい奥さんになれそうだな」なんて将来のことまで考える男性もいるでしょう。

(4)きちんとお礼が言える

『サラッと言われたことより、後から文字にしてくれたことの方が嬉しいし記憶に残る』(31歳/広告)

ちょっとした親切や、何か手伝ってくれたときなど、普通ならほとんどの女性はその場でお礼を言いますよね。
しかし、丁寧な女性は面と向かってお礼を言うだけでなく、後から「今日はありがとう」とLINEして感謝の気持ちを伝えます。
LINEで再度お礼の言葉を言ってくれるような女性は、普段からしっかりとしたマナーを心得た素敵な女性でしょう。

人にしてあげたことは覚えていても、してもらったことってすぐに忘れてしまいますよね。
そのため感謝の言葉が足りない人も多いでしょう。
そんな中、丁寧にお礼の言葉を伝えてくれる女性は、男性から「彼女っていい子だな」と思われます。


いかがでしたか?
LINEで男性に好感を持たれるには、自己主張よりも相手への思いやりが大切ですね。
気になる男性とLINEするときは、ぜひ参考にしてくださいね!

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む