イライラする勘違い女は、相手がエピソードを聞いて不快に思うことが分かりません。
ゆえに勘違い女ワールドがどこまでも炸裂していくということです。
どういった言動が男をイライラさせるのかみていきましょう。

(1)仕事が忙しいアピール

『本当に仕事できる人って、仕事も遊びも何かを断る理由にはしないイメージ』(26歳/企画)

話していて「仕事が今忙しいんだよね」という話には比較的よくなります。
しかし、会う約束をする際にも仕事を持ち出して「忙しいから」という理由で断る。
はっきり言って何の得にもなりません。

断った本人は、仕事ができる女を演出したかったのかもしれません。
でもこれでは時間管理能力のなさを疑わずにはいられない。

結果的には仕事ができない女を演出しているにすぎません。
仕事のできる女子は、友人との時間も大切にします。

(2)過去のモテ自慢

『そんなこと自慢したって今の君を口説く人はいませんよ』(31歳/歯科医)

自分がされると嫌なはずなのに、元カレや振った人の話をひけらかす女子がいます。
これほど不快な自慢はないでしょう。

「週に5人から告白された」
「21歳で付き合った元カレはイケメンで優しかった」
などかなり聞き苦しい内容を平気で話す女子。

つまり今はモテなくて、自信がないのでしょう。
過去の栄光もいいですが、今の自分と向き合ってほしいものです。
イタイ女と言わざるを得ません。

(3)相談に対して上から物を言ってくる

『相談に答えてあげてる自分に酔ってる感ハンパない』(27歳/アパレル)

何様!?と喧嘩を売りたくなるくらい上から話す女、女の私でも嫌いです。
彼氏の相談をすれば別れをごり押ししてくる。
仕事の相談をすれば辞めることを勧めてくる。

しかも上からえらそうに……。
返答の適当さにイラっとして相談したことを後悔しそうです。
相談に対しての返答、最終的に決めるのは相談者本人。
とはいえあまりにも無責任な発言はすべきではありません。

相談をする人は話を聞いて欲しかったり、相談に乗ってくれる人の考えを聞きたいだけです。
答えを求めているわけではありません。

(4)仕事自慢

『「あたし結構いい上司だと思うわー」って言ってる人はあまりいい上司じゃないと思う(笑)』(25歳/不動産)

仕事に生きている女子ほどありがちです。
「仕事で責任ある地位についた」
「部下を20人かかえた」

など彼氏もいない寂しい女子ほど仕事に逃げ、話すことが仕事のみになるのです。
友達から彼氏ができたと報告を受ければ、祝福しては仕事に慰められる。

仕事は頑張った分だけお給料に反映する!
仕事は裏切らない!
とまで仕事信者になってしまっている人もいるかもしれません。

そんな女子ほど仕事の話ばかりしてしまう。
仕事の話は近況報告のみにして、楽しい話で盛り上がりましょう。
自分の幅を広げるためにも趣味をみつけてみたり、友人と旅行を楽しんでみたり。
つまらない女子を卒業しましょう。


男をイライラさせてしまうのは結局のところ女子の自信のなさが原因
自分に自信をつけて、ついつい言ってしまう言動は言わないように気をつけましょう。
あなたのその言動が勘違いであることに気づくことが重要です。

(恋愛jp編集部)