誰もが持っているであろうカーディガンは、寒い季節に欠かせないアイテムのはず。
重ね着や、インナー、部屋着や職場でも万能な活躍をみせてくれますよね。

カラーバリエーションも豊富なので、色違いで持っている人も多いのではないでしょうか。
ここでは「デートに最適!秋冬のおすすめカーディガンコーデ」についてみていきましょう。

(1)ざっくりケーブルニットカーディガン

『編み編みの模様は可愛さ100点だわ』(33歳/広告)

かわいらしさ、女性らしさを強調したいのであればボリュームのあるカーディガンがおすすめ。
特に、ケーブルニットカーディガンは萌え素材がたくさん。
萌え袖にもなりますし、ふわっとしたゆるい感じが、男性から高評価でしょう。

かぎ編み部分のデザインも大きめのものが多いので、かわいらしさが増すこと間違いなし。
少し幼い印象にもなるので、大人っぽく着こなしたい人は、ブラックやカーキなどの色を選ぶと良いでしょう。

(2)フロントボタン閉め

『細い腰が冬でもわかるってなんかいいよね』(28歳/インテリア)

カーディガンといえば「羽織るもの」といった印象が強いのではないでしょうか。
しかし、ここでは「羽織るもの」といったイメージをなくすことをおすすめします。
つまり、トップスとして着用するということ。

フロントボタンを閉めればトップスに早変わりするので、コーデの幅も広がりますよね。
また、華奢なラインもでるので、女性らしく着こなせるはずです。
デートにはもってこいのコーデなので、ぜひ試してみてください。

(3)ロングカーディガン

『ちょっと寒そうにポッケに手入れてるの好き』(29歳/教師)

カーディガンにも様々なサイズがあります。
その中でも、細くみせてくれるのがロングカーディガン。
体のラインを隠すことができますし、縦ラインを強調することで細くみせることができます。

また、全体を引き締める黒のロングカーディガンであれば、さらに細みえ効果アップ。
さらりとスタイルアップを目指すなら、1枚は持っておきたいものですね。

(4)カーディガンで差し色

『冬の服は暗めになりがちだから女の子の綺麗な色の服いいよね』(33歳/公務員)

カーディガンは、カラーバリエーションが豊富。
黄色や緑、赤などたくさんの色が選び放題。
きっと自分が好きな色もあるはずです。

なので、カーディガンをコーデの差し色として活躍させるのもおすすめ。
差し色となると、バックなどの小物といったイメージがありますが、カーディガンでも充分効果があります。
華やかな色を顔周りにもってこれるのも、嬉しいポイントですよね。


いかがでしたか?
カーディガンは、いろいろな使い方があります。
使い勝手が良いので、自分に合った着こなしを見つけられると良いですよね。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む